• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

採用するなら新卒より団塊?

2010年4月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

団塊世代の大量定年を迎えてから3年が経つ。就職氷河期にあって中小企業で活躍する大企業OBが急増。月額十数万円でベテランの力を借りたいニーズは根強い。

 「営業は会社の顔だからね。責任は重いけどやりがいはあるよ」 

日広ピーアール
日広ピーアールの永井春夫顧問(右)は、井上健社長(左)からの信頼が厚い

 広告代理店の日広ピーアール(東京都千代田区)で顧客開拓に苦戦する新入社員を励ますのは、同社顧問の永井春夫氏。今年2月から週に1回、若手社員に営業ノウハウやビジネスマナーを教えている。一昨年までヤマハエレクトロニクスマーケティング(東京都港区)で取締役営業統括部長を務めていた。永井氏は、人材スカウト会社のレイス(東京都港区)が昨年2月に始めた「顧問名鑑」の登録者である。上場企業の役員、部長経験者を中小企業に顧問として紹介するサービスだ。

 日広ピーアールは社員数十人の小所帯ながら、毎年1~2人の新卒を採用している。井上健社長は「社員は全員が営業に駆け回って忙しい。若手の教育を任せられるベテランが欲しかった。永井先生は私の相談相手にもなってくれている」と話す。

年収1400万円の顧問も

 大学生が就職活動で苦しむ一方で、永井氏のようなベテランを求める企業は少なくない。「優れたシニア人材は頼りになる即戦力。単純な比較は難しいが、福利厚生も含めて30万~35万円かかる若手社員よりも人件費は安い」とレイス「顧問名鑑」事業部の堤寛夫副部長は話す。

 顧問名鑑の登録者は平均62~63歳。団塊の世代が中心である。レイスはサービス開始から1年で登録者を530人、申込企業を620社まで増やした。顧問を求める企業の9割以上は、売上高100億円未満だ。既に百数十社で同社の顧問が働いている。レイスは企業と登録者の要望を聞いて、両者の面談を設定。採用された顧問は1カ月に1~4回勤務したり、メールや電話で相談に乗ったりする。長年培った人脈を生かした営業先の開拓や、事業戦略の立案にも携わる。契約期間は1年か2年。1社につき毎月5万~25万円の顧問料を手にする。6社と契約して年収1400万円を稼ぐ猛者もいるという。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「採用するなら新卒より団塊?」の著者

上木 貴博

上木 貴博(うえき・たかひろ)

日経ビジネス記者

2002年に筑波大学を卒業し、日経BP入社。「日経ビジネス」「日経情報ストラテジー」「日経マネー」編集部などを経て、2016年4月から現職。製造業を中心に取材中。趣味は献血(通算185回)。相撲二段。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

このままじゃ、高級魚のクロマグロばかりでなく、より身近なマグロのメバチやキハダもいなくなる。

高松 幸彦 マグロ一本釣り漁師