• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ディナーもレトルトカレー

  • 飯泉 梓

バックナンバー

2010年5月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今日の朝食はカレー。そんな読者も増えているのではないか。もともとは、メジャーリーガーのイチロー選手が試合の朝にカレーを食べていることが話題となり、「朝カレー」に注目が集まった。そこでハウス食品が昨年2月に発売したのが、朝食用のレトルトカレー、「めざめるカラダ 朝カレー」だ。朝食べるのにちょうどいい、茶碗1杯分のカレー。新しい朝食メニューとして、人気に火がつき、売り上げは10億円に迫る勢いだ。

 レトルトカレーと言えば、主婦のランチメニューの代表格だ。だが、朝カレーのように食シーンや狙うターゲットを変えれば需要を大きく伸ばせる。

 しかも、レトルトカレーに追い風が吹いている。ごはんに100円前後のカレーをかければ、満腹感を十分得られるため、長引く景気低迷の中、節約志向になった消費者からの支持が厚い。ハウス食品の調べによると2009年のレトルトカレーの市場規模は410億円。2006年には375億円程度まで落ち込んだが、回復を見せている。

人気ゲームのメニューを商品化

 朝カレーでランチ以外の食シーンを提供したハウス食品は、今度は主婦以外のターゲット開拓に力を注ぐ。昨年12月に発売したのが、「マーボーカレー」だ。その名の通り、マーボー豆腐とカレーが一体となったもの。カレールーに四角く切った豆腐を加え、中華料理に使う調味料でマーボー豆腐の風味をつけた。

 実はこのマーボーカレー、人気ゲームの中で登場するメニューだ。任天堂のゲーム機器「Wii」の人気ソフト、ロールプレイングゲーム「テイルズ オブ」シリーズの中で、キャラクターが食べると体力が回復するという料理が「マーボーカレー」だ。このゲームの中のメニューに目をつけた。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授