• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

セルフヌードをも辞さない女子カメラの深淵

「いい写真だね、と言われることは自分への評価です。その一言がしんどい毎日の糧になるんです」

  • 宮嶋 康彦

バックナンバー

2010年5月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 セルフヌードの作品を机の上に広げながら、29歳というWさんは、派遣社員として有名企業に勤めていた。写真家を目指したい、と小声で話し、その可能性について私の意見を求めた。

 東京都写真美術館の一室で開催される写真教室。外光は遮断されているが、外は雨の夜。13人の受講者が持ち込んだ湿気が室内を充たしていた。

画像のクリックで拡大表示

 赤裸々に写されたWさんのヌード作品を、会社帰りのビジネスマンや主婦、フリーランスのカメラマンや学生といった13人が凝視する。そしてそれぞれが講師の私の反応を注視する。

 「セルフヌード、あるいは、セルフポートレートの面白さは? 誰でもいいから答えてみて」

 私の質問にWさんは親指を噛んだ。12人の受講者は口を一文字にして動かない。ながい沈黙。誰かが空調のスイッチを入れた途端に、Wさんの裸体が机から浮いた。その内の一枚が床を滑る。

画像のクリックで拡大表示

 カメラを使って自分を撮影するという自為は、未知の自分に出会えるかも知れない、という可能性を持っている。「私の裸は美しい」と自讃するばかりではなく、コンプレックスに感じる部分や部位をあからさまに写真にするという行為が、自分を見つめ直す契機になる。そこが、セルフヌード、あるいは“自写像”の興味深いところだ。

 密室で三脚を立ててカメラをセットする。裸になってみるわけでもないのに、なんだか気恥かしい。誰も見ていないのに、つい、恰好良く見せようとしてポーズを取ってしまう。裸になればなったで、この角度は耐えられない、などと、シャッターが押せない自分と出会うことになる。

 こうした密室の規制は、写真が元来、他人の目にさらされることを前提としているせいだ。

私なにを撮影すればいいでしょう?

 Wさんのセルフヌードは迫真だった。失礼を承知で言うが、女性の裸の美しさだけをいうなら並み。取り立てて語るほどの肉体美ではない。ただ、なりふり構わない数葉が写真作品として佳作に昇華していた。ヌードにありがちなポーズを取るでもなく、ことさら色っぽいシナを作るわけでもない。なにか、叫んでいるような仕草、髪をかき乱しているカット、部屋の壁を突き抜けようとでもしている姿態…。絵画か何か、どこかで見なれたようなお決まりのポーズ写真との落差は大きかった。その段差についてWさんに訊いてみた。

 「写真を始めたころは、渋谷や住んでいる街(世田谷区)をスナップしていました、でも、何を撮ってもそれ以上のことはなく、表現するほどの作品にまとまっていかない。ヌードも、どれが良い作品でどうしたら駄作か判断しきれません。それをお尋ねしようと思いまして」

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

 写真としての良し悪しが判らないというのだ。お決まりの、というのは、もちろん批判を含んだ私の言い草で、10年ほど前から、若い女性のセルフヌードが流行った時代を踏まえてのことだった。彼女たちの多くは、写真を世過ぎとしたけれど、何を、どう、撮影していったらよいものかテーマが見つからない。もがいた末に、自分という身近な題材に行き着いたのだ。手っ取り早く「作品」らしきものをを制作することができる。

 写真は実に正直で、撮影者の心情をよく顕わしてくれる。Wさんのセルフヌードの内、注目すべきは肉体による心の”もがき”が画面に漂ういくつかの作品だった。自分は誰? どこへ行きたいのか、何をすればいいのか、写真とは? そういった迷いがストレートに感じられた。

コメント13件コメント/レビュー

自己表現の手段としての写真。誰でもかつてのプロのような写真が撮れるようになった現在、インターネットとの相性も良いデジタルカメラの写真は、褒めてもらいたい一心から撮り方がエスカレートしていく傾向にあるのではないでしょうか。「撮り鉄さん」が線路内に侵入したり、セルフポートレートを撮影したり、時にはセミヌードも。インターネットで簡単に写真(画像データ)がひとり歩きする世の中ですから、肖像権やプライバシーの侵害がうるさく言われますし、人間を撮って自己表現するなら自分自身がてっとり早いのかもしれません。なかなか褒めてもらえず、自分に自信が持てない世の中だからこそ、手軽にすぐに褒めてもらえる写真の世界が、人気するのではないでしょうか。受験票用の写真画像の改ざんなど、画像の加工もエスカレートする傾向にありますし、「写真」が「写偽」となり、写真を見るときに構えられてしまう世の中になって行く事を懸念します。(2010/06/03)

「奥深き日本」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自己表現の手段としての写真。誰でもかつてのプロのような写真が撮れるようになった現在、インターネットとの相性も良いデジタルカメラの写真は、褒めてもらいたい一心から撮り方がエスカレートしていく傾向にあるのではないでしょうか。「撮り鉄さん」が線路内に侵入したり、セルフポートレートを撮影したり、時にはセミヌードも。インターネットで簡単に写真(画像データ)がひとり歩きする世の中ですから、肖像権やプライバシーの侵害がうるさく言われますし、人間を撮って自己表現するなら自分自身がてっとり早いのかもしれません。なかなか褒めてもらえず、自分に自信が持てない世の中だからこそ、手軽にすぐに褒めてもらえる写真の世界が、人気するのではないでしょうか。受験票用の写真画像の改ざんなど、画像の加工もエスカレートする傾向にありますし、「写真」が「写偽」となり、写真を見るときに構えられてしまう世の中になって行く事を懸念します。(2010/06/03)

何かしらの返答を求めるコミュニケーションと言う風潮の中の、一つの手軽な道具と言う事だろう。 しかし、これが作品としてわざわざ取り上げる程のものなのでしょうか。万人と変わらないものを以って何かしらの高みに上げようとする筆者に作為的な嫌悪感を感じるのは私だけだろうか。 (2010/05/25)

かつて写真や登山は男性の領域だったらしい。今その楽しさを女性も知り楽しむようになった。あまりにも何度も勧められた事もあり、以前セルフヌードにも挑戦しようと試みた。ファインダーを覗けないから撮りたい写真が撮れないと感じた。2枚程シャッターを切っただろうか全然楽しく無かったので止めた。彼女の場合先生に評価してもらいたい程の写真が撮れたのでしょう。追求心と心意気に敬意を表したいところです。ところで先輩男性写真愛好家もセルフヌードを試みるのだろうか?作品として発表するのだろうか?(2010/05/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長