• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

口蹄疫、「生き地獄」の現場から

好転の兆し見えない宮崎県川南町から町職員が報告

2010年5月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 口蹄疫(こうていえき)――。牛や豚、羊、ヤギなど蹄のある動物に感染する、ウイルス性の病気である。家畜が感染すると、発熱や口にできた水ぶくれなどの症状によって餌が食べられなくなり、肉量や乳量を激減させる。非常に伝染力が強く、蔓延を防止するためには、発生した農場で飼育された家畜はすべて殺処分するよう、法律では定められている。

 家畜農家を震撼させるこの伝染病が、今年4月、宮崎県で見つかった。最初の感染が確認された都農町から、隣接する川南町、えびの市へ広がり、約4週間たった現在も、一向に収束する気配が見えない。

 現場では一体、何が起きているのか。最前線で対応に当たる宮崎県川南町役場の河野英樹氏が、発生から現在までに至る経緯をまとめた手記をご覧いただきたい。(5月16日までの状況。蛯谷敏=日経ビジネス記者が再構成した)。

何気ない電話のやり取りで始まった

 口蹄疫発生の日から25日以上が経過した。今もなお、収束の気配は見えないが、現在に至る宮崎県川南町の様子と、その間に私自身が体験した出来事などを中心に振り返りながら、今なお見えない相手と必死で戦い続けている川南町の現場の状況を記す。

 この作業を通じて、真面目にコツコツと家畜を守り育ててきた農家が直面している状況を知っていただきたい。また、私たちの大切な故郷が、全国の方々に心から応援していただけるよう、環境を整えていきたいと思う。

■4月20日(火)

 2010年4月20日早朝、私の携帯に知人からの電話が鳴った。

 知人:「尾鈴農協内で何かがあったかもしれない…。農協主催の宴会が立て続けにドタキャンになったそうだ。今までにそんなことはなかったから、君なら何か知ってるんじゃないかと思って電話したんだけど。何か思い当たる節はない?」

 私:「はあ? 全く知りませんよ。もしかして…、農協職員が不正な経理をしていた、なんてことじゃないでしょうね(笑)。まあ、宴会のドタキャンが連続したのはただの偶然でしょう。とりあえず情報持ってそうな人に探りを入れてみますね」

 当時は、この友人との何気ない電話のやり取りが、大きな問題のスタートになるとは、思ってもみなかった。

「沈静化するだろう」大きな危機感はなく

 友人:「隠したってすぐ判るから言うけど…。隣の都農町(つのちょう)で、口蹄疫に感染した牛が発見されたんだ…。家畜伝染病の口蹄疫が…。」

 私:「本当に!? 本当に口蹄疫に感染したのか?」

 友人が言ったとおり、その数十分後には、検索サイト「Yahoo!」のトップニュースで、「宮崎県で口蹄疫に感染した牛が見つかる!!」といった内容の記事がアップされていた。

 宮崎県では10年ほど前、口蹄疫が発生したことがある。だが、当時は事態が速やかに収束した。このことが頭の中にあったため、今回も「適切に対応すれば蔓延せず、沈静化するだろう」と大きな危機感も持たなかった。若干の心配を感じながらも、どこかで「きっと大丈夫!」という気持ちでいた。

コメント48件コメント/レビュー

世の中が政権交代で一色の時にこそ、口蹄疫の追加コラムを掲載して欲しい。その際には、ぜひ最初に感染した牧場・その牧場にて感染した経緯を日経なりの視点で調べてほしい。現在、ネット上では、某議員が口蹄疫発生中の韓国の留学生をごり押しで牧場研修させ、そこの水牛から従業員-実家の農場へと感染したルートが盛んに流布されています。報道機関が報じないのは、その政党に配慮しての事でしょうか?また、先日NHKで、牛の殺処分終了が8ヶ月後との報道があり、その間に畜産及び日本経済に与える影響(おそらく宮崎及び九州の観光客はその間、激減するでしょう。地方経済は完全に破綻すると思われます)についても記載してほしい。対策が出た事で口蹄疫が終了したと勘違いしている人が多すぎます!今日も確実に発生農場は増加しています。(2010/06/03)

「口蹄疫は問う」のバックナンバー

一覧

「口蹄疫、「生き地獄」の現場から」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

世の中が政権交代で一色の時にこそ、口蹄疫の追加コラムを掲載して欲しい。その際には、ぜひ最初に感染した牧場・その牧場にて感染した経緯を日経なりの視点で調べてほしい。現在、ネット上では、某議員が口蹄疫発生中の韓国の留学生をごり押しで牧場研修させ、そこの水牛から従業員-実家の農場へと感染したルートが盛んに流布されています。報道機関が報じないのは、その政党に配慮しての事でしょうか?また、先日NHKで、牛の殺処分終了が8ヶ月後との報道があり、その間に畜産及び日本経済に与える影響(おそらく宮崎及び九州の観光客はその間、激減するでしょう。地方経済は完全に破綻すると思われます)についても記載してほしい。対策が出た事で口蹄疫が終了したと勘違いしている人が多すぎます!今日も確実に発生農場は増加しています。(2010/06/03)

此処で安易な現政権批判する人たちに幸あれ。幸せすぎて苦笑いしか出ません。口蹄疫は疑惑の段階で徹底隔離、可能な限り殺処分が基本です。10年前はそれで防げました。今回はその時のおごりがあった、としか思えません。口蹄疫がこれだけ恐れられているのは、その驚異的な感染力が故です。疑惑の段階で最悪を想定できなかった時点で終わりです。これは政府だけの責任ではなく、県、地元自治体、関係団体も負う物です。…とはいえ、これくらい極めて派手な事態にならなければ、日本の国民の99.9%は怖さを知ることなく、最悪仕分けされていたでしょうね(実際補償を担う部分が仕分けられていますし)。他山の石とできる方は他山の石として、今後に反映しないと。(2010/05/28)

まず感じるのは高蹄疫に対する危険性(怖さ・伝染性)の認識の甘さが現場(各自治体)・獣医師・農林省役人・農林三役・農林大臣にあったという印象です。認識が正確であれば、農林大臣が外遊していても連絡を取り呼び戻せたと思います。(自民党が外遊を理由に大臣責任を掲げるのは政局指向で野党無策の一つです。)イギリス・韓国でその実例があるにもかかわらず担当役人(農林省等)の情報収集・研究不足が初動対応を誤らせたと思われます。多分迅速で的確な対応も期待できない(かった)と思われます。当然事後的には、情報収集に動き、最善の対応策をとっているのだろうと思われますが...。現場の速やかな健全回復を祈念申し上げます。回復後は、政府は一農林省の問題とせず広く教訓を汲み取り危機管理体制(現場・自治体・役所・政治家・政府)のあるべき仕組みを検討再発防止に役立てるべきと思います。(2010/05/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長