• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【中国発! ビジネス最前線】 中国の「iPhoneキラー」

2010年5月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

中国でも急成長が見込める高機能携帯電話の市場。「魅族(Meizu)」は「iPhone」そっくりの製品で頭角を現した。携帯電話市場でも、新興企業による下克上が起きつつある。

 「5000元(約6万7500円)するiPhone(アイフォーン)より安いのにWiFiも使えて高性能。絶対にお買い得です」

2009年2月に発売した「M8」
2009年2月に発売した「M8」。iPhoneよりやや小さいがデザインや操作性はそっくり

 中国広東省深セン市、“世界最大の電脳街”とされる華強北路。「魅族(Meizu)」専売店の販売員はこうまくし立てた。手には、iPhoneそっくりの携帯電話。広東省珠海市の魅族科技(メイズテクノロジー)が昨年2月に投入した「M8」だ。

 中国の携帯電話市場は「ノキア」を筆頭に海外ブランドが席巻、中国メーカーは安さで対抗している。しかし魅族はいきなりスマートフォン(高機能携帯電話)で参入、頭角を現した。

音楽プレーヤーから転身

 インターネット消費調査研究センター(ZDC)の調べでは、2010年第1四半期の中国メーカーの機種の人気ランキングで、M8はHTC、レノボ・グループの機種に次ぐ3位につけている。

自社の専売店で販売
「M8」は量販店には置かず主に自社の専売店で販売している

 M8の販売価格は1780元(約2万4000円)からで、中国メーカーのモデルとしてはやや割高だが、iPhoneの半分以下。低価格の国産スマートフォンとして販売台数を伸ばしている。

 魅族の設立は2003年。当初は海外企業向けに携帯型音楽プレーヤーの生産を受託していたが、中国企業初の独自開発製品を発売して注目を集めた。しかし音楽プレーヤーに見切りをつけ、成長が期待できるスマートフォンの開発に経営資源を投入した。

 その販売手法も従来の中国メーカーとは一線を画している。家電量販店には原則として商品を置かず、全国に約200ある専売店で商品の特徴を体験してもらう戦略だ。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「【中国発! ビジネス最前線】 中国の「iPhoneキラー」」の著者

熊野 信一郎

熊野 信一郎(くまの・しんいちろう)

日経ビジネス記者

1998年日経BP社入社。日経ビジネス編集部に配属され製造業や流通業などを担当。2007年より日経ビジネス香港支局に異動、アジアや中国に関連する企画を手がける。2011年11月に東京の編集部に戻る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)