• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

80年代風で大型2輪復権

  • 北爪 匡

バックナンバー

2010年5月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 爽やかな空気を肌で感じたい季節が到来した。いざ車で出かけるにも、ガソリン価格はじわじわと上昇、ゴールデンウイーク中の交通渋滞にうんざりしたことも記憶に新しい。燃費性能も良く、取り回しも便利なバイクへの人気が一部で高まりつつある。

過度な性能追わず

 低迷する国内の2輪車市場でこの5・6年間、ホットテーマになっているのが「リターンライダー」と呼ばれる層だ。国内市場が全盛期だった1970年から80年代に青春を謳歌した中高年層は子育ても一段落し、経済的にも余裕が出てきた。そこで「もう一度バイクに乗りたい」と考える人が増え、メーカーも熱い視線を送っている。

 リターンライダー層を狙ってホンダが開発したのが「CB1100」だ。3月の発売から2カ月余り、この間の受注台数は3000台(年間販売目標は 4000台)に迫る勢いで、同社の大型バイクでは久しぶりのヒット商品となった。「過度な性能を追わずに、ゆったり走ることを重視した」と開発を担当した本田技術研究所の福永博文氏は説明する。

 CB1100の最大の特徴は空冷式のエンジンを採用したことにある。水冷式に比べて冷却効率が劣る空冷エンジンは、これまでの性能重視のホンダの大型バイクでは敬遠されてきた。新型車ではそれを逆手に、高性能を捨てて独特のエンジン音や振動といった空冷ならではの長所を引き出した。冷却用部品が小さいことからエンジン周辺のデザインもすっきりとし、「所有する喜びを感じてもらえる」(福永氏)という点も40代から50代の支持を集めている。

 エンジンを中心に車体全体をコンパクトな設計にしたことも人気を博す理由の1つになっているようだ。排気量1140ccの大型エンジンを搭載しながら、車体重量は240kg強と、750ccクラスと同等。車高が低く小柄な人でも十分に足が届くため、取り回しの苦労も少ない。価格面でも99万7500円からという値頃感を打ち出すことに成功している。

ホンダの「CB1100」は100万円を切る価格設定も人気

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長