• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「国防戦略」なき国会議員でいいんですか?

景気や雇用の前に、まず生き延びることを考えるべき

  • タナカ(仮称)

バックナンバー

2010年6月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 急な政変で世間は騒然としていますが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 そんなのワタシには関係ない? いやいや、そう言わず、政治への関心を失ってはいけません。特に、前政権が残した外交上の課題は、目先の政変に気を取られて流してしまってよい話題ではないのです。

 前回は、政治家が「言わないこと」を見破らないといけないと申し上げました。今回は、その代表例の1つ、国防問題を取り上げたいと思います。

 ワタシは戦跡を遊び場にして育ってきましたから、折に触れて国防問題を考えてきました。トーチカに記された壮絶な書き込みなどを見ると、指導者の無策がどれだけ国民をムダに死なせるかということ、また、民主国家においては国民が政治の主人公なのだから一般国民がきちんと政治の軍事音痴を監視しなければならないということ、を痛感します。そうしないと、国家・国民の生存が脅かされ、戦前のように対外的にも多大な被害・迷惑を与えてしまいます。また、無作為による軍事的空白が生じると、かえって無用の軍事的緊張を引き起こしてしまいます。

 政治を監視するとは、具体的には選挙で誰を選ぶかということです。このことは、最近の基地問題に関する前政権の迷走を見て、さらに痛感させられました。

 痛い、痛い、痛い、という感じです。

 そこで今回は、日本を取り巻く軍事問題のフレームワークについてお話したいと思います。ワタシは軍事専門家ではありませんので、その理解の範囲でのお話となります。このため、細かい兵器のあれこれは出て来ません。有権者である一般国民が知りうる公開情報程度の知識でしかお話できません。素人の井戸端会議です。しかし本来この問題は、専門家が適切な解説をして、一般国民のレベルを専門家に準じる程度まで引き上げる義務があると考えています。国家の生存に致命的な重要性を持つからです。それがうまくいっていないように思うので、恥を承知でワタシがここで無用の解説をしてみようと、こういうわけです。教条主義的な反論も当然に予想されるのですが、そのリスクを怖れて黙ってしまってはいけないと思うのです。

核兵器による防御は“簡単で安い”

 前半では、日本の生存戦略上の問題点、軍事的方法を放棄するならば何をしなければならないかをお話したいと思います。そして後半では、日本の置かれた軍事的環境についてコメントしたいと思います。最後に若干の提言を。

 世界の軍事力のGDP(国内総生産)比は概ね2%程度、米国、英国、フランスなどは少し高く、イスラエルなどは10%弱ということで、かなり高いようです。

 日本は今年の予算が4兆7903億円、GDPの一昨年度実績が約494兆円ですから、1%弱で少ないほうです。

 核兵器を持っているのは、米英露仏中の5大国に加え、インド、パキスタン、イスラエル(?)、北朝鮮(?)。

 軍事的圧力は、家族を抱えて食うに困った泥棒と同じようなものと考えてみてください。例えば包丁を買って他人に「金を出せ」というのは、一所懸命稼ぐより手っ取り早く、ずっと安上がりです。

 特に核兵器が“安い”。また、核兵器は「相互確証破壊(MAD)」という戦略により、自国を事実上の不可侵にします。だから、貧乏で対外的な干渉による体制崩壊に怯える国が核武装に走りやすい。

 食うに困ったヒトに人気のない裏道で包丁を突きつけられて「金を出せ」と言われた場合、どうするか。ちょっと想像してみてください。相手も腹をすかせた妻子を抱えて、改心して帰ることなんかできません。そうした状況で、金を渡せば助かるでしょうか。そういうこともあるかもしれないし、後腐れがないように殺されてしまうかもしれません。それは、こちらにはコントロールできない相手の判断に、自分の生死が委ねられてしまうということです。もしあなたが殺されてしまったら、自宅で待っているあなたの妻子は、路頭に迷ってしまうでしょう。

 それが嫌で確実に強盗から身を守るには、自分で身を守る方法を考えるか、ガードマンや警察が必要となります。しかし国際政治には強力な「警察」はありません。

コメント43件コメント/レビュー

記事を読んでからでは申し訳ないが、私も米軍人質論、沖縄人質論を考えていたことがあるので、この点には賛成です。しかし中国脅威論は慎重にしなければならないしょう。中国脅威論を言えば、中国も米国脅威論を増幅して言うようになります。これが相互の緊張の増幅という悪循環を起こすでしょう。それよりも北朝鮮問題を解決するという視点を先行すべきです。今北東アジアには鉄のカーテンならぬ金(キム)のカーテンがあると考えてみたらどうでしょう。金のカーテンは破ろうとすれば、簡単ですが、お金がかかりそうです。我が国が原爆を持つのが一番手っ取り早いのですが、これは米国も世界も許してくれないでしょう。大体日本が原爆を持ったら、北朝鮮はもちろん世界中の国が原爆を持つことを拒否できません。そんなこんなで米軍のプレゼンスに抑止力を期待してきたわけです。旧ソ連の崩壊が鉄のカーテンを解消させたように中国の民主化まで辛抱強く日中友好を深めながら、金のカーテンが溶けるのを待つしかないでしょう。だからあまり真剣な戦略論は必要がないのです。沖縄の負担をどうやって軽くするかが今全国民の課題であり責任です。(2010/06/10)

「オルタナティブ政治経済研究所」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

記事を読んでからでは申し訳ないが、私も米軍人質論、沖縄人質論を考えていたことがあるので、この点には賛成です。しかし中国脅威論は慎重にしなければならないしょう。中国脅威論を言えば、中国も米国脅威論を増幅して言うようになります。これが相互の緊張の増幅という悪循環を起こすでしょう。それよりも北朝鮮問題を解決するという視点を先行すべきです。今北東アジアには鉄のカーテンならぬ金(キム)のカーテンがあると考えてみたらどうでしょう。金のカーテンは破ろうとすれば、簡単ですが、お金がかかりそうです。我が国が原爆を持つのが一番手っ取り早いのですが、これは米国も世界も許してくれないでしょう。大体日本が原爆を持ったら、北朝鮮はもちろん世界中の国が原爆を持つことを拒否できません。そんなこんなで米軍のプレゼンスに抑止力を期待してきたわけです。旧ソ連の崩壊が鉄のカーテンを解消させたように中国の民主化まで辛抱強く日中友好を深めながら、金のカーテンが溶けるのを待つしかないでしょう。だからあまり真剣な戦略論は必要がないのです。沖縄の負担をどうやって軽くするかが今全国民の課題であり責任です。(2010/06/10)

「沖縄にPKO(国連平和維持活動)部隊の大規模な演習基地を置き」これでは沖縄に手を出そうとする国も合法的に沖縄に入れますよ。内外で呼応されたら・・・PKO参加国は沖縄を守るためではなく訓練のためにいるのですから、自動的に侵略軍から沖縄を守ってくれはしません。つまり侵略軍には敵対しませんから、侵略軍がPKO部隊に手を出さなければ、PKO参加国を敵に回すことにはなりません。「同盟国の軍隊を人質に取る」人質って勝手に逃げられないんですよね、普通。同盟国の軍隊って出入り自由じゃないんですか?普段はいてくれても、何かの時はトンズラこくかも。結果的に同盟を守らなくて誰が文句を言うのですか?既に侵略された元同盟仲間?ベトナムはどうなりましたか?裏切った米国は?どちらもナンセンスかと(2010/06/10)

国際社会の現実認識から議論が必要とコメントを書きましたが、国の方向を議論する責任の重さがどのようなものなのかを自覚させる議論も必要と付け加えます。◆筆者がシリアスに切り口を提示しているのに、まるで前首相のようなノー天気なコメントが寄せられたのは残念です。泥棒に説教して改心などという比喩に対し、銃で脅して金を奪うのはマシな方で、銃で相手を無力化してから安全に金を奪う泥棒も居る現実社会における責任ある意見が必要です。◆国家として国民に対する最も重要な責務、生命・財産の保障については、学級会のような「あるべき姿」の議論は役に立たず、勇気を出して賭けを行うようなものではないと何故、解らないのでしょうか? 「命を守る」と所信を表明しながら国の安全保障に勉強不足だったとか述べるような、責任を自覚しない主張による議論が引き起こす被害は、もうたくさんです。(2010/06/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長