• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「基地経済」からの離陸(下)

軍用の島から、商業の中心へ

2010年6月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(「」から読む)

 不屈の精神で、沖縄市場を席捲した男もいる。

 県内の補聴器シェアで70%を占める琉球補聴器の森山勝也会長だ。彼もまた、波乱万丈の経営者人生を送ってきた。

 多良間島に生まれ、44年前に本島に移って家電販売会社に入社した。そして、補聴器の販売を担当する。そこで見たのは、医療情報が少ないための悲劇だった。母親が妊娠中に高熱になってもそのまま出産するため、聴覚障害の子供が大量に生まれていた。

「NOと言わない経営」

 87年、部下10人と退社して会社を創業する。ところが、信用も顧客もなく、「1年で潰れる」とささやかれた。

 「お客さんは来ないし、取引先に挨拶に行っても、相手にしてもらえない。独立したことを後悔する毎日だった」

琉球補聴器の森山勝也会長(那覇市の本社前で)(撮影:金田 信一郎)

 そう言う森山は、社員への給料支給が遅れないように、こっそり炊飯器やラジカセを仕入れて、友人に売って歩いて、ギリギリの資金繰りを続けていた。

 「社長、ちょっと話があるんですが」。社員にそう切り出されると、たいていは「退社したい」という相談だった。

 社員が退社してしまうのが怖くて、いてもたってもいられなくて、始業する2時間前には会社に着いてしまう。気を落ちつかせるためにも、社内を掃除して回った。そして、社員が姿を現すと「おはようございます。今日も1日、がんばりましょう」と頭を下げた。

 何度も「死にたい」と思った。ある日、宮古島に出張する飛行機に乗りこんだ時のこと。「このまま飛行機が墜ちたら、どんなにいいだろうか」。ふとそう思った。自殺すれば、社員や取引先から非難される。でも、事故死だったら、「社長さん、頑張っていたのに、残念なことになって」と言ってもらえる。

 「社員に一言も注文を付けなかったし、お客さんの言うことはすべて聞いた」

 電池が切れたと電話があれば、どこにでもバイクで駆けつける。購入してくれたお客さんの家には、離島でも月1回は訪問する。

 1年が過ぎた時、会社は奇跡的に生き残っていた。これで信用が高まる。そう思っていると、取引先から思わぬ反応が返ってきた。「まだ3カ月ぐらいだと思っていた」。

 「5年間、なんとか踏ん張った時、やっと周囲に認めてもらえるようになりました」

 それでも森山会長の愚直な取り組みは続いた。沖縄県には補聴器に関係する病院が約60カ所あるが、できるだけ対話を持つように工夫する。

 聴覚障害の患者は、なかなか補聴器を使おうとしない。ギリギリまで我慢してから使用を開始する。「補聴器を使えば、患者さんの生活は大きく改善されます。そこで補聴器の最新情報などを先生方に知っていただければ、多くの人々がよりよい人生を送ることができるんです」。

 そのためには、病院とのコミュニケーションが重要になる。だから、人と人との接点は疎かにできない。県内のすべての病院に、開院記念日に大きなケーキを贈っている。「そんなことをしても仕事は回さない」。そう言われても、次の年も贈り続けた。

 「仕事をもらうために持ってきたんじゃありませんから」

コメント5件コメント/レビュー

「基地」という言葉をタイトルに入れながら基地問題には決して触れない記事の不思議さはさておいて、要するに経済を理由とした基地存続にもはや合理性は無いと言いたい記事なのかも知れませんね。それでも基地が無くなれば中国が攻めてくると、未だ外務官僚がばら撒く幻想に縛られたコメントが多いのには笑えます。沖縄まで武力支配することにどんなコスト・パフォーマンスが見込めるのでしょう?(2010/06/15)

「沖縄2010」のバックナンバー

一覧

「「基地経済」からの離陸(下)」の著者

金田 信一郎

金田 信一郎(かねだ・しんいちろう)

日経ビジネス編集委員

日経ビジネス記者、ニューヨーク特派員、日経ビジネス副編集長、日本経済新聞編集委員を経て、2017年より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「基地」という言葉をタイトルに入れながら基地問題には決して触れない記事の不思議さはさておいて、要するに経済を理由とした基地存続にもはや合理性は無いと言いたい記事なのかも知れませんね。それでも基地が無くなれば中国が攻めてくると、未だ外務官僚がばら撒く幻想に縛られたコメントが多いのには笑えます。沖縄まで武力支配することにどんなコスト・パフォーマンスが見込めるのでしょう?(2010/06/15)

迷亭寒月さんのコメントにもありましたが、沖縄出身の人から言わせてもらうと、まったくもってあたりです。同族経営がとても多いですから。沖縄経済は、基地に依存せずともやっていけるとは思います。スマートグリッドの記事にもあったように、これから最先端を突っ走るのもありだと思います。しかし、基地関係の仕事をしていた祖父の背中を見てきた私にとっては、無くなってしまうとちょっぴり寂しいですね。沖縄と言えば沖電(競合がいない)、サンエー(ただデカイ!)、基地(ほぼ公務員)就職がトップ3なイメージ。(2010/06/15)

今から3年ほど前から、毎年、少なくとも2回は沖縄、及びその周辺の離島に通っていますが、沖縄の人々のメンタリティーは、同じ日本国民でありながら、内地の人々とは、全く別物と言って良いほど違う気がしました。紋切り型との誹りを恐れずに述べるならば、大らかで、おせっかいで、人なつこいが、結構、粘り強くしたたか・・・まさに大国のはざまで明治の「琉球処分」まで一独立国として独自の文化を永らえさせてきた「海の那」の民の気質そのものなのかも知れません。そういった中で、「拓南製鉄」の古波津会長は、もっと製造業等実業比率を上げねばならないということを言われていましたが、ただ、本土の工業化率を上げ、それに倣えというのもどうかな?と個人的には思いました。実は国内最大手の高炉メーカーで、製鉄所の在る町にも何か所か暮らしましたが、確かに大きな装置産業が出来れば雇用も税収も解決出来ますが、急激な人口増、しかも全く風土文化の異なる地域から流入した人々が地区固有の文化風土を破壊してしまうこともありましたし、概して新興工場地帯の町は物質的な豊かさで心の豊かさを精一杯代用しようとしているという感が拭えません。そういった意味では、沖縄固有の自然や風土、そして気質を活かした、観光でも製造業でもない第四次産業とでもいうもので、「那」の再起を図って欲しいと思いました。(2010/06/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長