• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「もしも、ぞ、口蹄疫に感染した野生のイノシシやシカが、山を越えてきたらどげんすっとか」

一向に収束しない伝染病、怯える熊本のホタル守り

  • 宮嶋 康彦

バックナンバー

2010年6月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 宮崎県内で感染拡大が止まらない口蹄疫。6月10日、恐れていた都城に飛び火。肉用牛と豚の生産額が日本一の同市は、宮崎県が口蹄疫侵入を死守してきた地域だ。家畜の移動制限は、ついに鹿児島県の一部を巻き込んでしまった。

 そんな口蹄疫渦で、もう一つの隣接県、畜産王国といわれる熊本県でも、都城発症のニュースは、畜産農家を震撼させる事態となった。その中には私の知人の酪農家も入っている。県内では、人が集まる様々なイベントやスポーツ大会が相次いで中止。知人の住まいがある日本一のホタルの里でも、ホタル祭りが取り止めになったという。

 それを知らずに訪れる観光客には、知人など、ホタル守りたちが早々の帰宅をお願いするに至っているらしい。宮崎からは九州の脊梁山脈を隔てた熊本で、何が起きているのか、知人を訪ねた。

「山が発光しながら動く」といわれるほどのホタルの里

 熊本県下で屈指の畜産圏、菊池市。いっぽうで市内にはホタル生息地が多く、中でも旧旭志村は「山が発光しながら動く」といわれるほど「日本一のホタルの里」である。主峰鞍岳山麓には牛や豚が飼われ、初夏の小川ではホタルのフラッシュ・コミュニケーションが見られる、じつにのどかな土地柄である。

画像のクリックで拡大表示

 そんな牧歌的な土地が口蹄疫に怯えている。畜産農家はいうまでもないが、ホタル守りまでもが「鞍岳の向こう」の宮崎で拡大を続ける家畜の伝染病に神経を尖らせ、報道に聞き耳を立てる日が続いている。

 県内の種牛が感染保護を目的に、天草や阿蘇に分散飼育されるに至っては、

 「もしも、ぞ、人や車がウィルスを持ち込む以外に、ぞ、口蹄疫に感染した野生のイノシシやシカが、山を越えてきたらどげんすっとか」

 などと、現実には起こり難いことさえ、ある種のリアリティーをもって語られるほど、現地では口蹄疫に対する緊張感が高まっている。

“ホタル守り”が恐れる口蹄疫

 前述したように菊池市・旭志地域は国内有数のホタルの里である。そこにはホタルの保護・保全活動をする個人や団体が多く存在する。私は20年ほど前から、ホタル撮影のために全国を行脚してきた。桜行脚が終わればホタル旅、旧旭志村には何度も通い、すばらしい発見と撮影をしてきた。そのおかげで同市には幾人もの親しい人ができた。

画像のクリックで拡大表示

 畜産とホタル、あるいは、ホタルと口蹄疫は、一見したところ何の関わりもない。もとより無縁と思っていたが、ある日、旭志の知り合いに「今年のホタルの発生状況はどう?」と問い合わせたことから、ホタルと口蹄疫の只ならない事態を教えられた。

 「今年のホタルフェスタも地区のホタル祭りも中止になった」と声が暗いのである。なるほど、旭志ほどのホタルの里であれば、九州をはじめとして、関西や関東からも客が来る。そうそう、以前ホタル撮影で知り合った人は宮崎県都城のグループだった。私はホタルと口蹄疫の因果を知り、背筋につめたいものを感じた。

 毎年、ゲンジボタルが乱舞する時期には、県の内外から、多いときは一晩で1万人が訪れるほどである。

もしも旭志で口蹄疫が出たなら

 JA菊池管内ではおよそ4万7000頭の牛が飼われ、2万2000頭の豚が飼育されている。また、非組合員が経営する大型豚舎もあり、牛と豚の飼育総数は8万頭に迫るといわれている。20数年、精力的にホタルの保護活動をしてきた、稲葉一義さん(旭志在住)は訴える。

コメント5件コメント/レビュー

なるほど、野生のイノシシ・シカですか。たしかに十分ありうる話。そうなると渡り鳥が鳥インフルエンザを媒介する危険性があるのと同じで、回避するにも限界がありますよ。宮崎に住む親戚の話によれば、現在近県への車の乗り入れ規制が厳しく、宮崎ナンバー車への偏見から大変肩身の狭い思いをしているとのこと。酷い話です。全国肉牛事業協同組合の「早く全頭処分しろ!」発言とともに、同じ日本人として情けない。(2010/06/13)

「奥深き日本」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なるほど、野生のイノシシ・シカですか。たしかに十分ありうる話。そうなると渡り鳥が鳥インフルエンザを媒介する危険性があるのと同じで、回避するにも限界がありますよ。宮崎に住む親戚の話によれば、現在近県への車の乗り入れ規制が厳しく、宮崎ナンバー車への偏見から大変肩身の狭い思いをしているとのこと。酷い話です。全国肉牛事業協同組合の「早く全頭処分しろ!」発言とともに、同じ日本人として情けない。(2010/06/13)

なんて素敵なほたるの里でしょう。しかし今年はいけませんね。口蹄疫の底知れない影響が伝わります。ほたるの里にもこれだけ影響を与えているという事は、畜産関係者はもちろんその他あらゆる分野への影響は大きいことでしょう。お見舞い申し上げます。この悲惨な状況を知る中でも、美しすぎるほたるのの写真に気持ちがまぎれるのは私だけでしょうか?今年は最高のほたるのようですからその光にいやされる人が一人でもあってほしいと願うばかりです。(2010/06/11)

学生時代にワンゲル部に所属し、阿蘇の原野をさまよった。あの牛たちが口蹄疫に感染したら、どうするのだろう?今、すでに何らかの対応は取られているとは思うものの、人事でなく、心配である。しかし、感染もしていない牛の殺傷処分はなんとも納得がいかない。人に移らないし、牛自身が死ぬことも多くはないという。しかるに何故治療もせず殺傷しなければばならないのか?治療のみの対応で感染する牛の数と殺傷して死ぬ牛の数はどちらが多いのだろうか?また、経済的損失はどちらが大きいのだろうか?このはなはだ不自然なやり方に対し、様々な疑問が生じる。(2010/06/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授