• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

W杯商戦、決定力不足

  • 小平 和良,瀬戸 久美子

バックナンバー

2010年6月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「2010FIFAワールドカップ南アフリカ(W杯)」商戦が不振だ。限定品や特設売り場は盛り上がりを欠き、販売中止の商品も。W杯特需が点火するかどうかは日本代表の活躍次第だ。

 「2010FIFAワールドカップ南アフリカ(W杯)」の開幕と同時に期待された、W杯商戦。しかし、開幕を迎えても、特需を当て込んだ企業は思うような恩恵を受けられていない。

 西友は4月15日から、全国の102店で公式ライセンス商品を集めた売り場「オフィシャルイベントストア」を設けた。ボールやTシャツなど200品目を販売したほか、公式マスコットのイベントなども開催した。

 だが、ここまでの販売動向は「大きな盛り上がりとまではいかない」(広報室)。西友は当初、特設売り場は開幕前の5月末で終了する予定だったが、一部の店舗については6月末まで売り場を延長することを決めた。開幕後の盛り上がりを期待してのことだが、売れ行きはサッカー日本代表がどこまで戦い抜けるかにかかっている。

「すべては日本代表次第」

 「日本代表が勝ってくれないと困る」との声は後を絶たない。

W杯開催を機に消費を盛り上げ、景気回復につなげたいところだ

 サッカー日本代表のオフィシャルスポンサーであるキリンビールは、サッカー日本代表応援をテーマとした商品やキャンペーンを展開している。ユニホームや選手をデザイン化した「麒麟淡麗〈生〉サッカー日本代表応援缶」などを全国で発売。5月26日から発売を開始した第3弾の応援缶の扱いは量販店で約 5000店舗と、過去最大級の売り場展開を実施している。

 日本代表の試合は、一部が夕食の時間帯に重なる。そのため、「一層の盛り上がりが期待され、高い視聴率と飲用需要が見込まれる」(キリンビール)とし、 W杯開催期間中の売上高はビール類計で4%以上の上乗せを期待している。

 だが、ここにきて、その流れにも暗雲が垂れ込めつつある。梅雨で天候が期待薄なのに加えて、テストマッチを全敗で終え、意気消沈ムードが漂っているからだ。「好天でビール需要が増えると同時に、日本代表が勝ち残ってくれないと」と、関係者は複雑な表情を見せる。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者