• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「財政再建」「成長戦略」に期待

【緊急アンケート結果】菅首相に何を期待するのか

2010年6月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

[この記事は6月5日公開『【緊急アンケート】新政権はどうあるべきか』でご協力いただいたアンケートの結果をまとめたものです]

日経ビジネス 2010年6月14日号10ページより

 菅直人首相に何を期待するか――。「日経ビジネスオンライン」の読者を対象に、緊急アンケートを実施した。その結果、経済政策では「財政再建」「成長戦略」といった課題への取り組みを求めていることが分かった。

 まず、菅首相率いる政権に期待できるかどうか。「期待できる」「どちらかと言えば期待できる」を合わせると56.8%となり、過半数が肯定的に見ている。昨年9月の鳩山由紀夫政権誕生時に新政権への期待度を聞いた際は58.7%だった。自民党から政権を奪取した頃に近いレベルまで戻ったようだ。

 次に、優先して取り組んでほしいと考えている政策を5つまで挙げてもらった。最も多かったのが「財政再建」。全回答者の約7割がこの選択肢を選んだ。国と地方を合わせた政府部門の借金がGDP(国内総生産)の2倍近くまで積み上がった日本の財政に、強い危機感を持っている人が多い。

 直前まで財務相を務めていた菅首相は、財政再建には積極的だと見られている。自由回答からも「鳩山さんと比べると信念があると感じる。バラマキをやめて、財政再建と未来の日本の国造りをしていただきたい」(40代、男性、近畿地区在住)といった声が聞かれた。

 「成長戦略」も半数近くの回答者が重視している。既に経済産業省が今後の産業政策の指針となる「産業構造ビジョン2010」をまとめた。これをベースに政府は「新成長戦略」を打ち出す予定だ。

画像のクリックで拡大表示

コメント7件コメント/レビュー

財政再建といいつつ民主党マニュフェストの2011年度の国債発行額が10年度(44.3兆円)を上回らないようにするという内容を聞くとあれ?という気にならざるをえない。もともと09年度までは国債発行額を30兆円以内にするというところで議論されていたことからすると10年度の国債発行額を基準にすることはおかしくないか?そう考えると財政規律といいつつ10年度のバラマキ予算を継承するという宣言にしか聞こえない。(2010/06/18)

「民主復活なるか 参院選2010」のバックナンバー

一覧

「「財政再建」「成長戦略」に期待」の著者

細田 孝宏

細田 孝宏(ほそだ・たかひろ)

日経ビジネス 副編集長

1995年早稲田大学卒業。日経BPに入社し、日経ビジネス編集に配属される。日経アーキテクチュア編集、日経ビジネス・ニューヨーク支局長などを経て現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

財政再建といいつつ民主党マニュフェストの2011年度の国債発行額が10年度(44.3兆円)を上回らないようにするという内容を聞くとあれ?という気にならざるをえない。もともと09年度までは国債発行額を30兆円以内にするというところで議論されていたことからすると10年度の国債発行額を基準にすることはおかしくないか?そう考えると財政規律といいつつ10年度のバラマキ予算を継承するという宣言にしか聞こえない。(2010/06/18)

財政再建しないと国がどうなるか、ギリシャとかハンガリーとか悲惨な実例が先月から続出していて記憶が生々しいからなのではないでしょうか?>財政再建が第1位の理由あとは、世代別の内訳があれば、恐らく年齢が若い層ほど財政再建優先という世代間対立の構図が見えると思います。(2010/06/17)

菅直人首相に期待できるが約57%で最も優先して欲しい政策が「財政再建」となっていますが、不思議です。菅首相は第三の道と称して、「強い経済、強い財政、強い社会保障を一体で実現する」と言われています。この意味する所は何でしょうか。消費税増税という強い財政。ばらまきという強い社会保障。それでどうして強い経済が実現できるのか不思議です。増税論者は多々いますが、橋本元総理も認めたように、消費税率を上げた結果、当年の消費税収入は伸びたものの、法人税収入と所得税収入は減りました。翌年からはトータルの税収が税率を上げる前より大幅に減りました。景気を悪くし、税収を減らしただけです。総括ができていません。これまでの一律ばらまきの社会保障が投資効果が希薄なのは専門家も指摘している通りでむしろ財政を圧迫するのみでそれこそギリシャと同じ道に通じている。積極財政でバブ空港等言っているようだが、貧弱すぎる。「強い経済、強い財政、強い社会保障」は聞こえは良いが、一体は無理です。経済を立て直してこそ、強い財政となり、社会保障もできる。増税ありき、社会保障ありきでは、今の経済と財政は立て直せない。(2010/06/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長