• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

円高で四面楚歌の日本企業

  • 山崎 良兵,小笠原 啓,伊藤 正倫

バックナンバー

2010年7月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

円高が長期化する中、日本メーカーが競争力の低下に悩んでいる。通貨安を追い風に、海外のライバルが攻勢を加速しているからだ。成長を期待する海外での苦戦は、業績回復に水を差しかねない。

 サッカーに続き、半導体製造装置でもオランダに敗れるのか――。

 「ユーロ安でライバルのオランダメーカーの価格競争力が高まっている。新型製造装置の受注が本格化したばかりなのに…」

 6月下旬に中期経営計画を発表したニコン。木村眞琴社長(発表時点では副社長)の口調には、先行きに対する懸念がにじんでいた。

 ニコンは、半導体露光装置でオランダのASMLと世界トップを争う。過去5年以上、ASMLが高性能な装置の開発で先行し、シェアを奪われてきた。

 しかしニコンは今春からASMLの製品を凌駕する性能を実現したとされる新製品の「S620」を本格投入。巻き返しに出た矢先に、ユーロ安に直面した。ニコンは日本、ASMLはオランダなどで装置を生産するため、為替レートが競争力に与える影響は小さくない。

 最近の業績でも差は顕著だ。ニコンの製造装置などの精機事業は赤字が続く。これに対して、ASMLは昨年後半に黒字化し、営業利益が拡大している。

 半導体の微細化のカギを握る露光装置では、かつてニコンとキヤノンが世界市場を席巻。日本の独壇場だったが、技術開発で遅れたキヤノンのシェアは低下。「先端装置の開発競争から脱落しそうだ」(半導体大手の幹部)。

 そんな日本勢の“最後の砦”として、ニコンに期待がかかっている。6月29日にトップに就任したばかりの木村社長にとっても、露光装置で世界首位を取り戻すことは任期中の重要課題だ。

半導体露光装置でニコンを圧倒するオランダのASMLの工場

ユーロ安に悩む日の丸製造装置

 「新型装置の技術力は、顧客から高く評価されている」とニコンの幹部は強調するが、「性能面でASMLに決定的な差をつけたとは言い切れない」(国内証券アナリスト)。そうなると価格が、1つの焦点になる。

 もちろん顧客である半導体メーカーにしてみれば、1社の装置メーカーが独占的な地位を得るのは、価格と技術革新の両面で好ましくない。性能が良ければ、ニコンが受注できる可能性はある。それでもユーロ安で価格競争力が高まるASMLとの競り合いから、ニコンは今後、販売台数の拡大と利益確保の両面で悩む局面がありそうだ。

 半導体装置に限らず、様々な分野で日本メーカーは、通貨安を武器にする海外勢の攻勢に苦しんでいる。

コメント5件コメント/レビュー

アメリカは軍事費の削減、金融の規制強化、医療保険の導入などで今後景気が後退していくと考えます。ヨーロッパも緊縮財政で今後景気が後退していくと考えます。したがって外国にはあまり頼れません。日本は消費税減税、法人税減税、未来産業への投資をして内需を拡大し、世界経済を引っ張っていけばいいのです。日本国内で消費すれば円高は問題ないです。ようは逆転の発想で国内で消費すればよいのです。(2010/07/05)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アメリカは軍事費の削減、金融の規制強化、医療保険の導入などで今後景気が後退していくと考えます。ヨーロッパも緊縮財政で今後景気が後退していくと考えます。したがって外国にはあまり頼れません。日本は消費税減税、法人税減税、未来産業への投資をして内需を拡大し、世界経済を引っ張っていけばいいのです。日本国内で消費すれば円高は問題ないです。ようは逆転の発想で国内で消費すればよいのです。(2010/07/05)

筆者は日本に製造拠点のある製造業の状況を話しているが、日本の製造業の約7割(これは私の感覚)は海外で生産しており、取引は円建てはなくドル建て、給料も会計も全てドル建てが多い。従って、円高になったからといって、製造業の利益に大きな影響を与えるリスクは減っている。以前にも国の統計についてコメントしたが、日本の主要製造業はもう日本にはいないということを充分に理解していなければならない。日本経済動向や日本の製造業について論じるなら、海外にある日系製造業も含めたところで考えないと、単に国内のデーターだけではもう日本の現状は語れない。海外にいる私には、日本国内だけのデーターから観る日本の現状より、実際の日本はもっと強いと感じる。何故なら、アジアの発展途上国で売れている製品のほとんどは日本製だが、そのほとんどは現地で生産しており、その国の経済発展にも貢献している。(2010/07/05)

四面楚歌と全産業で大打撃ってのは意味が違うと思うけど、ユーロ安で経済不安のある欧州や漁夫の利の韓国にしてやられ、落ちるところまで落ちて円安になるのを座して待つ?その間に国内の基幹産業は元に買われてしまう。大変なことになりそう。高い円を背景に、海外の企業を買収しまくる軍団が表れてもよいと思うが。。。(2010/07/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長