• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【最終回】「義務感」「危機感」で、票を投じるのは寂しすぎです

良い政治家なくして良い政治はなく、良い政治家は選挙で生まれる

  • タナカ(仮称)

バックナンバー

2010年7月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 市井からの選挙チェック。オルタナティブ政治経済研究所、参議院選挙スペシャルもいよいよ最終回となりました。

 参院選が6月24日に公示され、今や世の中は選挙モードです。街を歩けば選挙カー、候補者ポスター、ビラ配り。ネット選挙が解禁されなかったこともあって、昔ながらの選挙風景です。公示後、虫食いのように掲示されていない部分もあった、選挙看板の候補者ポスターも出揃ってきました。

 あれって、公示の後、選挙管理委員会が発行するシールを、まずは選挙事務所のボランティアのみんなでポスターに貼らなければならないのです。そのシールが貼ってあるポスターを手分けして掲示場に持っていく。ですから、“集票マシン”が確立している大政党や古参候補者は、あっという間にポスターを展開し終わりますけれど、新人候補や小政党は貼るのに時間がかかります。

昔と変わらぬ選挙光景

 実際に選挙事務所に行くと、候補者の地縁者が「あの子は小さい頃からやんちゃでねぇ」とか「お母さんがたいへんだったから、私が代わりにおしめを替えてやったんだよ」なんて言いながら、ものすごいスピードでシールを貼っている様子が見られます。ポスターだけでなく、ビラの類も同様です。

 シールを貼り終わったビラは小分けにして「ポスティング(戸別配布)」部隊に手渡されます。壁に貼った大きな地図にポスター貼りやポスティングの終わったエリアがマーキングされ、選挙参謀(秘書や地元の支援者)が分担を決めて送り出します。これをどこから派遣されてきたのでしょうか、“怖い顔のオジさん”が腕組みして見ています。時々、ドスの利いた声で謎の呪文のようなコメントを出しながら。候補者本人より偉そうです。こうしたオジさんが不要になれば、その候補者は一人前になった証拠、やがて怖いオジさんを派遣する立場になってゆくでしょう。

 揃いの上着を来て、候補者の遊説について回る部隊もいます。旗持ちをしたり、候補者と握手をした人を狙ってビラを手渡したり。こっそり上着脱いでサクラをやったり、写真を撮ったり。

 事務所に戻ればもうクタクタで、麦茶飲みながら炊き出しのおにぎりをほおばり、横で大量の電話機に取り付いて一所懸命に電話作戦をしている人たちの声を聞き流しています・・・。

 これ、昔、世間のしがらみというヤツにより、私が手伝った某選挙事務所の光景ですが、きっと今も同じことをしているんでしょうね。街角で見かける光景が同じですから。

 皆さんも、汚い所とか怖い所とかの先入観を持たず、気になる候補者がいれば、選挙事務所の手伝いに行ってみると楽しいです。選挙のコストを下げ、カネのかかる政治を改めるにも、ボランティアスタッフの活躍が必要です。

 最近はツイッターなどのネットによって、政治家との距離が近くなったという話があります。政治を身近に感じ、参加意識を持つきっかけになっているようです。選挙は、いい機会でもあります。相手は猫の手も借りたいような状態です。ボランティアで手伝うだけで、ずっと簡単に親しくなれます。苦しい時をともに過ごした仲間というのは大切なものですから。

「開票率1%で当選確実」の怪

 とある国政選挙で開票立会人をした時のことです。

 従前から気になっていたテレビの選挙速報の謎が解けました。よく開票率1%で当選確実が出ましたなどと報道されます。なんで99%の開票がまだなのに当選確実と言えるのか? 出口調査の結果などという危ういものに依存していては誤報が続出するだろうし、数時間後にはデタラメがばれてしまう、そんな危険な報道なんかするだろうか、という疑問です。しかも、ほぼ外れないし。

 実際に開票所に行ってみると、候補者ごとの票を一定枚数ごとにゴムバンドでとめて山積みにしているのです。これを候補者ごとに並べてゆき、内容に問題のないことを確認したものから開票した有効票として数えていきます。「まぁ、そうだろうな」という展開です。

 開票所は、地域の総合体育館などを借りて設置しますので、2階のギャラリーのような場所があります。そこに、携帯電話を肩に引っ掛けてしゃべりながら双眼鏡でこっちを見ている一団がいるのです。

 これが当選確実の正体。候補者ごとに仮積みしてある束の量をみて、2位に倍返しの量があれば、当選確実が出る道理です。

 開票は複数の候補者の束を同時に確認していきますから、A氏1000票、B氏1000票と当初は互角の争いをしているように報道されても、実態は読めているわけです。

 選挙事務所を手伝うと実感できるのは、今さらながら選挙はお金がかかるということです。ポスターの印刷代だってバカになりませんし、期間限定とは言え、事務所や電話、自動車などを借りる費用もかさみます。

コメント5

「オルタナティブ政治経済研究所」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト