• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

あなたの投票先を診断できます

【参院選直前・政策アンケート特別版】17の設問にクリックで回答するだけ

  • 杉山 俊幸,小瀧 麻理子,吉野 次郎

バックナンバー

2010年7月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 参議院の選挙戦終盤になって、菅直人首相の消費増税を巡る発言が急速に減ってきています。

 民主党のマニフェスト(政権公約)を発表する席上、突然、「消費税10%」への可能性に触れた際の勇ましさはどこへやら。有権者に負担を強いる政策だけに、消費増税は、かねて永田町と「鬼門」と言われてきました。増税に積極的な発言をした幾人もの首相が、後に辞任へと追い込まれたからです。菅首相も有権者からの風圧を肌で感じ、発言に慎重にならざるを得ないのでしょう。

 消費増税が、最大の焦点。今回の参院選はそう言われてきただけに、有権者は何を判断材料に7月11日の投票に臨むべきなのでしょうか。単なる“風”任せでは、せっかくの1票がもったいない気もします。

どの“政党”に近いか、自己診断できます

 1つの参考になるのが、日経ビジネスオンラインで6月11日に紹介した記事です。個別政策について、日経ビジネスが用意した設問に、衆参の国会議員139人が答えた結果を詳細にお伝えしました。ここ数年内に消費税を上げるべきかの是非はもちろん、経済成長の具体的な進め方から社会保障の在り方まで17問にわたって聞きました。

 前出の記事では、139人の国会議員を、「競争重視・成長派」のA党、「安全重視・成長派」のB党、「大きな政府派」のC党、「格差是正派」のD党に4分類しました。

 このたび、このアンケートをバージョンアップしました。読者の方々にお答えいただくだけで、どの国会議員の考え方に最も近いか、あなたのパソコン画面上に表示します。

 あなたは、どんな国会議員たちと政策に対する考え方が近いのでしょうか。また、どの“政党”に属するのでしょう。選挙に出かける前に、一度、お試しいただくのも一興かもしれません。

コメント14件コメント/レビュー

結果は考えていたことと少しズレましたけど、選挙前に面白いアイデアの記事ですね。できれば、もう少し精度を上げて、どのグループに属するかではなく、どの政治家の考えに近いかまで出るといいなと、素朴に思います。とりあえずその政治家のHPやブログでも一瞥してみようかとかなれば、政治に興味を持つ人が増えると思います。(2010/07/11)

「民主復活なるか 参院選2010」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

結果は考えていたことと少しズレましたけど、選挙前に面白いアイデアの記事ですね。できれば、もう少し精度を上げて、どのグループに属するかではなく、どの政治家の考えに近いかまで出るといいなと、素朴に思います。とりあえずその政治家のHPやブログでも一瞥してみようかとかなれば、政治に興味を持つ人が増えると思います。(2010/07/11)

「民主復活なるか」っておかしいですよね?選挙前なんだから勝てば「民主盤石」、負けてはじめて「民主墜つ」のはずです。「自民復活」ならまだわかります。一度墜ちたのだから。(2010/07/10)

新鮮な切り口の診断で面白かった。私も安定・成長型のB党だったが、確かに安定と成長は矛盾している面がある。しかし、半熟国家としては、年3%程度の経済成長を実現しながら、ジ二係数で0・2~0・3程度の社会を目指すほかない。難しい命題だが、これを実現する方策を立て、着実に実行しそうな政党を見極め、育てていくことが、いま有権者である国民の大きな義務であり、責任だろう。消費税云云など、余りミクロの問題に目を奪われず、マクロの視点で今回の選挙は投票してもらいたい。(2010/07/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長