• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

うつ診断、義務化に課題

  • 上木 貴博

バックナンバー

2010年7月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

年に1度の健康診断にストレス調査を盛り込む案が浮上した。うつ病の早期発見は自殺防止の有効な手立てではある。長妻昭厚労相は前向きだが実現にはハードルが山積する。

 うつ病などの精神疾患につながるストレス状態を測り、メンタルヘルス(心の健康)の不調者を洗い出す調査を年に1度の健康診断において義務化する可能性が浮上している。

 厚生労働省自殺・うつ病等対策プロジェクトチームは、5月28日に5分野からなる対策を発表した。その1つである「職場におけるメンタルヘルス対策・職場復帰支援の充実」に、管理職に対する教育や、産業保健スタッフの養成などとともにメンタルヘルス不調者の把握が盛り込まれている。

 現在、労働安全衛生法では血圧や肝機能、血糖値、尿など11の項目で年に1度の診断を事業主に義務づけている。厚労省の担当者によると、ストレス診断を12番目の項目にするのか、強制力を伴わない指針として発表するのかは今のところ未定だ。

 うつ病の早期発見と治療は、民主党政権が力を入れる自殺防止につながる。警察庁の調べでは2009年に「無職者」(57.0%)に次いで自殺が多かったのは「被雇用者・勤め人」(27.9%)。彼らに対する定期的なストレス診断は効果が見込まれるからだ。

診断結果で退職勧奨の懸念

 しかし、働く人の心という繊細な問題だけに義務化するとなれば越えるべき課題がいくつもある。

 まず調査コストの問題がある。社員がうつ病なのかどうかという見極めは難しい。精神科医の問診は望ましいものの負担が大きい。ストレスレベルを測るチェックシートの利用が現実的だが、これも簡単ではない。

 義務化となれば全国で統一の質問項目を作る必要が生じる。しかし、業種や業界ごとの特性を考慮しない一律の基準では、企業が対策を立案するのに十分な調査結果は得にくい。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授