• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

膨らむ「家パン」需要を狙え

2010年7月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 手作りパンブームが続く中、自宅でパンを作れるホームベーカリーが躍進している。日本電機工業会によると、2009年の出荷数は43万台と、対前年で 10万台増えた。消費低迷のさなかにあって異例の高い伸びで、その数は5年前に比べ約3倍に達する。

 もっとも、ホームベーカリーの価格は安くても1万円程度。また、いざ使うとなれば、材料を揃えたり測ったりと、面倒な部分もある。それでも手軽においしいパンを食べたい。そこで今、注目されているのが「冷凍パン」だ。

サミットネットスーパーが取り扱う石窯パンの広告

 味の素冷凍食品が2010年2月、東日本エリア限定で発売したのが「焼くだけベーカリー」シリーズだ。ラインアップはクロワッサン、チーズクロワッサン、チョコデニッシュの3品目。冷凍のパン生地をオーブンで約20分焼くだけで、焼きたてのパンを楽しめる。解凍も発酵もせずに焼くだけで食べられるとあって、「手軽に贅沢な気分になれる」「休日の朝にぴったり」といった声が男女問わず寄せられている。

 一方、オーブンで焼くのも面倒な人や、忙しい朝でも食べられる焼きたてパンが欲しい人たちに人気なのが、サミットネットスーパーが取り扱うタカキベーカリーの「冷凍パン」だ。サミットネットスーパーで扱う商品の販売数量トップ10のうち、5つを冷凍パンが占めるほどの人気ぶりを見せる。

解凍すれば焼きたての食感に

 取り扱う商品は、ホワイトロールやカンパーニュなど石窯で焼いたパンのほか、食パンやメロンパンなど15品目以上。インターネットで注文すると冷凍の状態で自宅に届く。価格は石窯ライ麦ロール2個入りで210円など、通常売られているパンと大差ない。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「膨らむ「家パン」需要を狙え」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO