• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今度のねじれは本当の麻痺状態を生み出す

菅首相はブレてはいけなかった

  • 大野 和基

バックナンバー

2010年7月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

――今回の参院選で民主党が大敗した原因は何か? 有権者は、必ずしも自民党を支持しているとは限らないと思う。

ジェラルド・カーティス
政治学者。コロンビア大学政治学部バージェス教授、早稲田大学公共政策研究所客員教授、東京財団上席研究員・仮想制度研究所フェロー。学位は政治学博士(コロンビア大学)。 コロンビア大学東アジア研究所所長、コロンビア大学政治学部教授、東京大学法学部客員教授、慶應義塾大学法学部客員教授、政策研究大学院大学大学院政策研究科客員教授などを歴任。

カーティス 菅直人首相の消費税についての説明のまずさ、提示の仕方が選挙にマイナスだった。しかし、これらだけで民主党が負けたと考えるのは大間違いである。10カ月にわたる鳩山政権の動向を見て、国民は「日本を運営する能力が民主党にあるのか」という不安を抱いた。その懸念が根本的な敗因だと思う。菅氏は、鳩山政権の大失態を忘れさせるチャンスがあった。だが、消費税についての発言でそのチャンスを自ら逃した。

 今回の選挙で民主党が負けた結果、自民党の議席数が増えた。特に1人区でそうだった。前回の総選挙で民主党に入れた人は絶望を感じて、今回の参院選では自民党に票を入れた。1人区では、民主党でなければ自民党しかない。そのため自民党に投票したのである。この流れは大きいと思う。

消費税増税は正しい、しかし提起の仕方を誤った

――消費税の増税を、菅首相は提起するべきではなかった?

 提起すべきだったと思う。ただし、言う以上、中身のある話でないとだめだ。

 もしオバマ大統領が2006年の大統領選で「医療保険制度を改革すべきだ。国民皆保険にすべきだ。具体的なことは大統領になってから、みなさんと相談する」と言っていたら、米国民はどう思っただろう? 「この人にリーダーシップはまったくない」と思ったに違いない。

 だから菅氏は、消費税増税に触れる以上、矛盾したことを言ってはいけなかった。消費税率を引き上げる目的は、ギリシャのようにならないための財政再建なのか、福祉の拡充なのか、最後まではっきりしなかった。さらに「次回の総選挙まで1円も上げない」と言えば、いったいこの人は何を考えているんだ、ということになる。

 私の考えでは、今の日本国民は消費税率の引き上げはやむをえないと思っている。にもかかわらず、消費税の議論そのものが先送りされることになった。菅首相の問題提起の仕方がよくなかったからだ。

――民主党が9月に代表選を行う。菅首相はどう出るか?

 続投すると思う。しかし、これから菅氏が支持率をどこまで回復できるかによる。いま代表選をやれば、再任され続投になる。でも先のことは分からない。9月までに支持率が20%くらいまで下がれば辞任せざるを得ないだろう。

コメント31件コメント/レビュー

判りやすく、面白い分析だった。菅氏の消費税発言と『(オバマ氏は)「健康保険がどうして必要であるか」勇気を持って説明した』との対比は秀逸で、リーダーシップ、責任ある発言とはどういうものかが良く判る。▼『公務員改革を実現するかもしれないが、私は賛成しない』『一つだけ良かったのは、亀井静香氏がやろうとした郵政法案が立ち消えになったことだ』あたりは重要な指摘だと思うが、これ以上掘り下げず物足りない。本記事の主題とは外れるから仕方がないのか。▼民主党から「経験のある立派な政治家」が出てくることより、そのような政治家が党の中で重要なポジションに就き、次期リーダーとして(もしくはリーダーとして)働けるかどうか、と言う点の方が重要だと思う(それは他の党にとっても同じだろうけど)。▼氏は「(いま日本の政治家にリーダーシップを持っている人は)居ない。居るかもしれないが、見えない」と評しており、それはつまり、今までは「経験のある立派な政治家」が表に出てきていない、ということだろうから。(2010/07/28)

「ジャパン・ウォッチャーの眼~参院選とその後」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

判りやすく、面白い分析だった。菅氏の消費税発言と『(オバマ氏は)「健康保険がどうして必要であるか」勇気を持って説明した』との対比は秀逸で、リーダーシップ、責任ある発言とはどういうものかが良く判る。▼『公務員改革を実現するかもしれないが、私は賛成しない』『一つだけ良かったのは、亀井静香氏がやろうとした郵政法案が立ち消えになったことだ』あたりは重要な指摘だと思うが、これ以上掘り下げず物足りない。本記事の主題とは外れるから仕方がないのか。▼民主党から「経験のある立派な政治家」が出てくることより、そのような政治家が党の中で重要なポジションに就き、次期リーダーとして(もしくはリーダーとして)働けるかどうか、と言う点の方が重要だと思う(それは他の党にとっても同じだろうけど)。▼氏は「(いま日本の政治家にリーダーシップを持っている人は)居ない。居るかもしれないが、見えない」と評しており、それはつまり、今までは「経験のある立派な政治家」が表に出てきていない、ということだろうから。(2010/07/28)

 カーティス氏は、今回の「ねじれ」が史上初でも何でもなく、すでに小渕政権の時に経験済みの状況であり、しかも菅総理以下現在の閣僚の多くは、与党側または野党側のキーポジションでその対策を目の当たりにしてきた当事者達であるという事を失念されているようです。 前提となる肝心な事実認識を外しているので、残念ながら今回の分析は余り役に立ちそうにありません。次回は今の「みんなの党」と98年の「自由党」の違いを比較するなど、もう1レベル踏み込んだ分析を期待します。(2010/07/28)

菅氏は3月の参院議会で、「議会制民主主義は期限を切ったあるレベルの独裁を認めることだ」と話した。参院選挙で、有権者がこの言葉に直接反騰したとは考えにくいが、底流にはこれの反発があったと思う。独裁はイヤだと。小沢氏に代表されるように、政党が選挙で勝つことを第1目標すればするほど、衆参両院で過半数を取ることはできないであろう。盛者必衰の国だから。「ねじれ国会」はむしろ良いことではないか?内閣よりも国会が大事なのである。国会で、真に国のこと、世界のことを審議していただき、その結果に従い執務するのが内閣である。政治家は、党ではなく国のために真に徹底議論して欲しいと願う。時間は掛かろうとも。(2010/07/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

平等であることは人権でもあり、ビジネスの成功のカギでもある。

ヘレン・フォン・ライス イケア・ジャパン社長