• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「クジャクの羽根化」で考える日本的な商品開発の落とし穴

「赤の女王効果」と性選択のランナウェイ効果

2010年7月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 不毛な競争のことを、しばしば「軍備拡大競争」と言う。

 軍事関係者は釈然としないだろうが、ゲンコツや棍棒で戦っていた時代と比べて、現代の非常に高価な兵器システムと高度に訓練された職業軍人による防衛システムで、画期的に人々の安全が高まったのかというと、そんなことは無いだろう。では、現代の超高コストで、下手をすると人類全体が滅亡しかねない強大な破壊力を有する安全保障システムがバカバカしいと言って、ある国が一方的に止めれば、たちまちそうでない他国によって圧迫、蹂躙される可能性は低くない。

 バカバカしいが、一方的に軍備レースから降りることは危険だし、核兵器の様に一旦獲得した破滅的な軍事技術を忘れ去ることもできない。当事者全員が合意できれば軍備縮小も可能だが、普通は、同じ安全レヴェルを維持し続けるために、嫌でも軍備レースを走り続けざるをえない。

 例えば、キツネとその餌であるウサギの関係も同様だ。自然選択によってキツネがウサギを効率よく捕まえるために、高精度の大きな耳とダッシュ力に磨きをかけると、ウサギも同様に高精度で大きな耳とジャンプ力を増してくる。そうでない個体はキツネに食べられて子孫を残せないので、ウサギ全体の遺伝子プールは、どんどん大きな耳の早期警戒システムと逃走用のジャンプ力を加速させる方向に進む。

 結局、何時まで経っても、ある場所にいるキツネの数とウサギの数はほとんど変わらないが、キツネのダッシュ力とウサギのジャンプ力はどんどん時間とともに高度化してくる。

経済成長のあり方は軍拡競争に似てなくもない

 「鏡の国のアリス」のなかで、「一か所に留まるためには走り続けなければならない」と叫んで走り回る赤の女王というキャラクターにならって、進化論では、進化競争を「赤の女王効果」と言っている。

 これは、関係がゼロサム・ゲームで、しかも依存関係にある当事者が陥る罠である。野球のピッチャーとバッターの関係も同様だ。王選手が活躍していた1960~70年代のピッチャーと、最近のイチローが対決しているピッチャーでは、球のスピードがかなり違う。バッターとしてどちらが上かという疑問は、長距離打者と短中距離打者の性格の差もあって愚問に近いが、30年後のレヴェルアップしたピッチャーに対峙している後者の方が技術的に上の可能性は十分だ。

 著名な古生物学者S.J.グールドは、『フルハウス』というエッセイの中で、「かつて1世紀前のメジャーリーグでは、4割打者や1割打者が結構いたが、ピッチャーとバッター双方の進化競争の結果、技術レヴェルは比べ物にならないほど高くなり、その結果、選手の能力のばらつきが縮小して、打率はかつてのばらつきの真ん中あたりの、3割5分と2割5分の間に収斂するようになった」と進化論的観点をスポーツに応用して述べている。

 この赤の女王効果は、世界経済についても言えるかもしれない。ある程度の経済水準に達した国では、経済成長よりも社会の安定化、自由時間の増大や所得の平等化の方が重要と言われて久しいが、他国との競争や経済のグローバル化の現実を踏まえると、現在の経済水準を維持するためには、ある程度は成長し続けなければならないと言うパラドックスに陥っている。これは、軍拡競争に似てなくもない。

コメント11

「進化論的発想のすすめ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授