• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

民主と自民党は政策を磨き、二大政党制を

短期的には連立の動向に注目

  • 大野 和基

バックナンバー

2010年7月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

――今回の参院選挙の結果をどのように分析するか。「鳩山由紀夫前首相が犯した失策の影響が大きい。菅直人首相は悪くない」という人もいる。

スティーヴン・K. ヴォーゲル
カリフォルニア大学バークレー校準教授。プリンストン大学卒業。バークレー校で政治学博士号。専門は、先進工業国、特に日本の政治経済学。「ジャパン・タイムズ」の 記者、「インターナショナル・ヘラルド・トリビューン」「フィガロ」のフリー特派員を経験。

ヴォーゲル 菅首相にも、もちろん責任がある。選挙前に消費税問題を持ち出すことは典型的な失策である。菅氏は歴史から何の教訓も得ていない。日本史と世界史を見ると、選挙前に増税を強調することはよくない。

 消費税率をいつかは引き上げなければならないことについては、ほとんどの有権者は賛成するだろう。だが、経済的な観点から見るとそのタイミングについては間違っている。今は最適な時ではないだろう。

 政治的な角度から見ても、菅首相は絶対に間違っている。今は、この問題を提示するときではない。選挙が済むまで待つべきだった。しかも、もっとじわじわと、国民の理解を引き出す方法で提示すべきだった。菅氏はベテランの政治家であるにもかかわらず、政治判断において大きな間違いを犯した。

――もし鳩山前首相が辞任していなかったら、選挙結果は民主党にとってもっと悪くなっていたと思うか。

 もっと悪くなっていた可能性があると思う。ただし、もし菅氏が消費税問題を持ち出さなかったら、はるかにいい結果になっていただろう。そういう意味で菅氏は、責任の一部を負わなければならないと思う。

消費税増税の議論は「過ぎたる」ものだった

――ここまで民主党が悪い結果になると予想していたか。

 ほとんどの人と同じように、私もここまでひどいとは予想しなかった。過半数を獲得するとは思わなかったが、予想よりも悪かった。今の日本は無党派の人が非常に多いので、投票の向きが短期で大きく動く可能性がある。もし選挙が2週間早く行われていれば、民主党はもっといい結果を残せただろう。もちろん、菅氏が大きな失態をやらないということを仮定しての話だ。菅氏は「万歳!小沢と鳩山を追い出した!」と笑って言うべきだった。

――そう思う。タイミングは非常に重要だ。

 鳩山氏と小沢氏が辞任するタイミング、つまり選挙の1カ月前というのはとてもよかったと思う。

コメント3

「ジャパン・ウォッチャーの眼~参院選とその後」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長