• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

民主と自民党は政策を磨き、二大政党制を

短期的には連立の動向に注目

  • 大野 和基

バックナンバー

2010年7月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

――今回の参院選挙の結果をどのように分析するか。「鳩山由紀夫前首相が犯した失策の影響が大きい。菅直人首相は悪くない」という人もいる。

スティーヴン・K. ヴォーゲル
カリフォルニア大学バークレー校準教授。プリンストン大学卒業。バークレー校で政治学博士号。専門は、先進工業国、特に日本の政治経済学。「ジャパン・タイムズ」の 記者、「インターナショナル・ヘラルド・トリビューン」「フィガロ」のフリー特派員を経験。

ヴォーゲル 菅首相にも、もちろん責任がある。選挙前に消費税問題を持ち出すことは典型的な失策である。菅氏は歴史から何の教訓も得ていない。日本史と世界史を見ると、選挙前に増税を強調することはよくない。

 消費税率をいつかは引き上げなければならないことについては、ほとんどの有権者は賛成するだろう。だが、経済的な観点から見るとそのタイミングについては間違っている。今は最適な時ではないだろう。

 政治的な角度から見ても、菅首相は絶対に間違っている。今は、この問題を提示するときではない。選挙が済むまで待つべきだった。しかも、もっとじわじわと、国民の理解を引き出す方法で提示すべきだった。菅氏はベテランの政治家であるにもかかわらず、政治判断において大きな間違いを犯した。

――もし鳩山前首相が辞任していなかったら、選挙結果は民主党にとってもっと悪くなっていたと思うか。

 もっと悪くなっていた可能性があると思う。ただし、もし菅氏が消費税問題を持ち出さなかったら、はるかにいい結果になっていただろう。そういう意味で菅氏は、責任の一部を負わなければならないと思う。

消費税増税の議論は「過ぎたる」ものだった

――ここまで民主党が悪い結果になると予想していたか。

 ほとんどの人と同じように、私もここまでひどいとは予想しなかった。過半数を獲得するとは思わなかったが、予想よりも悪かった。今の日本は無党派の人が非常に多いので、投票の向きが短期で大きく動く可能性がある。もし選挙が2週間早く行われていれば、民主党はもっといい結果を残せただろう。もちろん、菅氏が大きな失態をやらないということを仮定しての話だ。菅氏は「万歳!小沢と鳩山を追い出した!」と笑って言うべきだった。

――そう思う。タイミングは非常に重要だ。

 鳩山氏と小沢氏が辞任するタイミング、つまり選挙の1カ月前というのはとてもよかったと思う。

コメント3件コメント/レビュー

>米国の政治は保守とリベラルに二極化していて、まったく異なる。いっぽう日本では、2つの政党の政策を区別するのは難しく、有権者は理解するのに苦労する。つまり、米国は違いがありすぎる。日本は違いがなさすぎる。<これは逆ですよ。アメリカの二大政党は表面が違うだけで、本質は多国籍企業の利益のための政治である。違いは小さい。日本の民主党はアメリカで言えば、極左政権ですよ。自民党は新自由主義勢力に牛耳られて、保守ではなくなっている。日本の問題は保守政党がないこと。政党間の差がないように見えるのは、二大政党内に極左から極右までの勢力がそれぞれ混在しており、妥協した結果の政策だからです。正しいのは今の二大政党を維持することではなく、真に政策が近しい政治家が集まって、いくつかの新党をつくることである。二大政党制は日本にはあわないし、政権を不安にさせるだけである。(2010/07/27)

「ジャパン・ウォッチャーの眼~参院選とその後」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>米国の政治は保守とリベラルに二極化していて、まったく異なる。いっぽう日本では、2つの政党の政策を区別するのは難しく、有権者は理解するのに苦労する。つまり、米国は違いがありすぎる。日本は違いがなさすぎる。<これは逆ですよ。アメリカの二大政党は表面が違うだけで、本質は多国籍企業の利益のための政治である。違いは小さい。日本の民主党はアメリカで言えば、極左政権ですよ。自民党は新自由主義勢力に牛耳られて、保守ではなくなっている。日本の問題は保守政党がないこと。政党間の差がないように見えるのは、二大政党内に極左から極右までの勢力がそれぞれ混在しており、妥協した結果の政策だからです。正しいのは今の二大政党を維持することではなく、真に政策が近しい政治家が集まって、いくつかの新党をつくることである。二大政党制は日本にはあわないし、政権を不安にさせるだけである。(2010/07/27)

政策の中身などには触れず、政治の仕組みについての論考のみで、その限りでは理解しやすい分析だと思う。▼多分、最後の段落、「民主党も自民党も、経済復活について明確な政策がない」「米国も日本も政治が機能不全に陥っている」「民主党は、経済政策を最優先問題にすべきだったにもかかわらず、他のことを優先して経済政策を後回しにしてきた」の部分こそがポイントだと思う。ここを掘り下げた話を聞きたい。(2010/07/26)

「下 三日にして上を知り、上 3年にして下を知る」鳩山前首相は、宇宙人で理想主義者で「頼り無い」管首相は、ときどきの調子にあわせて、「言」を左右する。信用とはイ(にんべん)他人さんが言うことを用いてくれる、と書きます。言ったことがコロコロと変るから、信用できません。消費税を持ち出さなくても惨敗は予想できました。民主党の閣僚の皆さん、権力の座を手にした、「ポジションの重み」「言葉の重み」を自覚して政務に励んでください。まだまだ、二大政党が切磋琢磨して国民の期待にこたえられるには、「日暮れて道とうし」だ。(2010/07/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授