• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ウナギは陸で創る

最新・養殖技術(水産総合研究センター、近畿大学)

2010年7月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

世界で漁獲制限が進み、魚食を好む日本への“包囲網”が狭まりつつある。水産資源の安定確保策の1つが、他国をリードする養殖技術だ。世界初のウナギの完全養殖は、次代の食を守る技術として注目を集める。

 7月26日は土用の丑の日。この日に栄養価の高いウナギを食べ、暑い夏を乗り切ろうというアイデアは、約200年前の江戸時代の発明家、平賀源内が発案したとする説が有力だ。だが、今、香ばしいにおいを漂わせる蒲焼きに大きな壁が立ちはだかろうとしている。

 ウナギ流通量が世界的に急減しているのだ。日本で食べられるウナギは99%が養殖もの。そのうち3分の2は中国からの輸入で、残りが国産だ。

 養殖ウナギは天然ウナギの稚魚であるシラスウナギを捕獲して育てる。そのシラスウナギの捕獲量が、右のグラフにあるように年々減っており、養殖できる個体数が減少している。

 12月から翌年4月までが例年、シラスウナギ漁の時期とされる。水産庁の発表では今年2月までのシラスウナギの捕獲量は前年同期比9割減と壊滅状態。3月以降、若干回復したが、結果は昨シーズンに比べ7割以上少ない9.2トン(推計値)と厳しい状況に変わりはない。欧州ではシラスウナギの捕獲に制限をかける動きがあり、近い将来、それを基に養殖する中国産ウナギの輸入も減る可能性がある。

ウナギ大国の日本。完全養殖の早期事業化が切望される

 このため、世界のウナギ消費量の7割を占める日本では、稚魚の捕獲に依存せず、卵から孵化させて育てる「完全養殖」の実現が望まれていた。

 しかし、研究は1960年代に始まったものの、半世紀近い時を経ても実現できていなかった。ウナギの生態そのものに未解明な点が多かったからだ。

謎多きウナギの生涯

 成長したウナギは川の中流から下流、あるいは河口や湖などに生息するが、産卵の際には海に帰る。広い太平洋のどこで卵を産み、何を食べて育ち、どうやって日本へ戻ってくるのかは、長きにわたって謎に包まれていた。

 そんな中、今年4月に独立行政法人・水産総合研究センターが「ウナギの完全養殖に成功した」と発表したことは、世界の水産関係者を驚かせた。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「ウナギは陸で創る」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長