• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

グーグルが変える電機業界

2010年8月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

高性能端末の開発・製造に進出する中小企業が相次ぐ。自前で開発したハードを使った、新規ビジネスも登場している。震源地は米グーグルが主導する無料OS「アンドロイド」だ。

 10.1インチのタッチパネルに、米グーグルのOS(基本ソフト)「アンドロイド」と非接触ICカード「フェリカ」を世界で初めて同時搭載する新端末。携帯電話や家電に詳しい人がこれだけ聞けば一体どこの大手メーカーが開発したのかと思うだろう。しかし、開発元は従業員数わずか26人のIT(情報技術)ベンチャー、イデアクロスだ。

アンドロイドの登場でベンチャーがデジタル家電に簡単に参入できるように(イデアクロスのネクスタッチ)

 同社の新端末「NEXTOUCH(ネクスタッチ)」の価格は5万9800円で8月中に発売する。飲食店や美容室、不動産など消費者向けサービスの店舗を持つ企業に売り込む。画面に表示された広告に来店客がフェリカを搭載した携帯電話をかざせば、電子クーポンを受け取れる。イデアクロスの本業はEC(電子商取引)サイト構築や販売管理などのシステムをネット経由で提供するサービス。同サービスとネクスタッチを組み合わせて、電子クーポンを使った顧客管理や販促を顧客企業が少額投資でできるようにする。

 本業との相乗効果に加えて、新たに広告ビジネスへの参入も果たす。ネクスタッチ向けに広告を配信し、広告主から得る売り上げを顧客企業と分け合うという。中嶋公栄・代表取締役兼CEO(最高経営責任者)は「試作品を見た顧客の反応は上々で、大型案件も複数進行中だ。来年1月には裸眼で3D(3次元)映像を立体視できる次世代製品も発売する計画。広告端末として一層の需要が見込める」と鼻息が荒い。2年で10万台の出荷を目指す。

中小でも自前で端末ビジネス

 ハードの開発ノウハウが乏しいイデアクロスのようなベンチャー企業が高性能製品を開発・販売できるのは、無料で使いやすいアンドロイドの登場に負う部分が大きい。台湾や韓国などのEMS(電子機器の受託製造サービス)を利用すれば、製造設備も必要ない。

 無償OSとしてリナックスが有名だが、もともとパソコンやサーバー向けに開発されており、携帯端末や家電で使いこなすには技術的な難易度が高かった。アンドロイドも実はソフト処理の中核部分はリナックスを流用している。だが、メモリー管理など携帯端末や家電の開発でネックになる部分の対策があらかじめ盛り込まれている点が決定的に異なる。そのため、開発人員が少ない企業でも比較的簡単に高性能なハードが開発できるのだ。

 誰にでも仕様が公開されているので、多くの企業がアンドロイド搭載の携帯電話やカーナビなどを開発しており、搭載端末が増えるに従い、世界中の技術者がアンドロイド向けのソフト開発を進める好循環が生まれている。アンドロイド上で利用できるソフト数は今や約10万本に上る。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「グーグルが変える電機業界」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏