• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国の友人に聞かれた。「なぜ君たちは、自分をかわいそうだと思うのか?」

『現代日本の転機―「自由」と「安定」のジレンマ』の高原基彰氏に聞く

  • 芹沢 一也

バックナンバー

2010年8月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

―― 現在の日本社会には、相変わらずどんよりとした閉塞感が漂っています。『現代日本の転機』は、その理由を、1970年代から遡って分析していますね。キーワードは「被害者意識」ですが、「誰それが悪い」というルサンチマンがみられません。そのため、読後、「爽やかさ」が強く印象に残ります。

被害者意識を外した議論を

高原 この本は韓国や中国に滞在していたとき書いたのですが、外からみていると日本が異様に感じられたんです。若者にかぎらず、日本人は何でみんなこんなに「自分がかわいそう」だと思っているのかなと。

 韓国や中国からすれば「うらやましい!」と思うであろう人びとが、互いに被害者意識をもって言い争っている。だけど、じゃあ政治や経済をどうするのか、という積極的な構想はまったく出てこない。それが「閉塞感」を生んでいます。

 じつは自分でも、この被害者意識は分かるんです。本にそういうことを書きたくなかっただけで(笑)。書くなら「何でそうなってしまっているのか」を自分なりにまとめたかった。それがこの本ですね。

―― 分かる、というのは、30代のご自身の世代経験としてですか? 高原さんは34歳、いわゆるロスジェネ世代ですね。

高原基彰(たかはら・もとあき)
1976年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。聖公会大学校(韓国)訪問研究員、中国社会科学院社会学研究処訪問研究員などを経て、現在東京工科大学非常勤講師。著作『不安型ナショナリズムの時代』(洋泉社・新書y)は、韓国でも翻訳され話題を呼んだ。共著に『若者の労働と生活世界──彼らはどんな現実を生きているか』(大月書店)などがある。
(写真:大槻 純一 以下同)

高原 はい、社会に怨念をもっているとされているロスジェネ世代です(笑)。

 冗談はさておき、ぼくたちの世代は、社会の変動に参加したという意識をもっていない人が多いと思います。たとえば、韓国は社会運動が強いお国柄で、各種NGOなどが草の根レベルにたくさんあって、そこに参加する層というのがつねに一定数います。選挙動員もすれば、大規模デモもする。そういうかたちで、ある種の公共性への回路のようなものがあるんです。

 中国ですら、環境・教育などの分野でNGOが増加しています。政治的自由度は日本などに比べて非常にかぎられているにも関わらずです。ネットを通じた言論活動もどんどん活発化している。

 ところが、日本にはそうしたパッションがないような気がするんですよね。

国際関係が、国内問題の道具にされた

―― 成長期の国かどうか、という差ではないのでしょうか?

高原 もちろん、韓国や中国はまだ今は成長経済ですから、人間でいえば元気な盛りの青年期です。日本は老年期に差しかかっているというのはあると思います。年齢別人口構成をみてもそうですし。それに、いまはいいけれども、労働人口減少や福祉財政などの問題は、10~20年後には日本より深刻化している可能性もあります。だから、隣国をうらやんでも仕方がないですね。

 でも、そうした事情を差し引いても、日本の事態は深刻だと思います。

―― ただ、高原さんの世代って、右傾化が騒がれた世代ですよね。小林よしのりさんを読みながら、嫌韓・嫌中意識をもって、国家や戦争について熱くなっていた印象があるのですが?

コメント11

「脱・幼稚者で行こう!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック