• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

CO2で格安プラスチック

  • 水野 博泰

バックナンバー

2010年8月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

二酸化炭素を原料に使うエコプラスチックの商用化が近い。温暖化ガスを活用し、原油使用量を減らせる一挙両得だ。そろりと始めた大学発ベンチャーが米政府の後押しで世界へ。

ノボマー(Novomer)の概要

 地球温暖化ガスとして忌み嫌われるCO2(二酸化炭素)――。これを逆転の発想で活用し、環境に優しいプラスチック(合成樹脂)を製造する技術を開発したのが、米マサチューセッツ州ボストン郊外に本拠を構える化学ベンチャーのノボマーだ。

 一般的なプラスチックの原料は原油。ノボマー方式でも原油を使うが、重量比で半分をCO2で代替できるのがミソ。「米国で消費される原油の約10%がプラスチック製造に使われている。その半分を削減できるのに加えて、年間数百万~数千万トンものCO2を大気中に放出することなく有効活用できる」と、ジム・マホニーCEO(最高経営責任者)は意気込む。

ジム・マホニーCEO
「いよいよ本格的な商用段階に入る」と意気込むジム・マホニーCEO

 カギとなる技術は、特殊な化学反応を誘発したり、反応を促進させるための「触媒」である。ベビーパウダーのような白い粉で、わずか1gで30kgのポリマー(重合体)を合成できる。触媒そのものは回収・再利用が可能だ。

 ノボマーの事業の中核はこの触媒の製造・販売・ライセンス供与。世界で既に12件の特許を取得、48件を申請中だ。開発したのは米コーネル大学のジェフリー・コーツ教授。自身の研究成果を事業化するため、2004年、当時博士課程の助手だったスコット・アレン氏と2人でノボマーを設立した。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長