• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

シンジ君、嘆くより理想の社会を考えてみよう

  • 芹沢 一也

バックナンバー

2010年8月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

―― 尾崎豊やオウム真理教、「エヴァンゲリオン」まで縦横に使って、わたしたちが「自由」にどんなイメージを持ってきたかを分析する『自由に生きるとはどういうことか』。橋本さんは社会哲学者として、これまで「自由」について、かなり抽象的な議論をなさってきましたが、この本では一転してとても具体的ですね。

橋本 若者に語りかける言葉をもちたいという思いがありました。ですから、よく知られているサブカル的なネタや大衆文化を取り上げて、そこから少し深く自由について考えていくという仕掛けになっています。

 少しだけ近い過去を振り返ってみましょう。東京オリンピックのころ、大松博文という女子バレーの監督の本が大ベストセラーになっています。

―― 1964年の東京オリンピックで、金メダルを取った女子バレーボールチームの監督、「鬼の大松」ですね。

橋本 本の題名は『なせば成る』と『おれについてこい!』。タイトルそのままのスパルタ主義ですが、そこでの自由とは「完全燃焼としての自由」でした。社員が一丸となって高度成長をはたした時代にぴったりだったといえるでしょう。

『なせば成る』から「僕はここにいていいんだ」へ

橋本 努(はしもと・つとむ)
1967年東京都生まれ。96年東京大学大学院総合文化研究科相関社会学専攻博士課程博士号取得。98年から北海道大学経済学部准教授。近著に『帝国の条件-自由を育む秩序の原理』(弘文堂)、『経済倫理=あなたは、なに主義?』(講談社選書メチエ)など。
(写真:大槻 淳一、以下同)

橋本 ところが、70年代から80年代にかけて、経済的に豊かになってくると、管理社会化が問題になりはじめます。社会の抑圧から解放されることが自由となるわけですね。学校的なものから逃れようとした尾崎豊が、そうした自由のシンボルでしょう。面白いことに、そんな尾崎が最終的に行き着いたのは、母なるものへの回帰です。これを受け継いでいるのが、90年代の「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公、碇シンジ君。

―― 問題は「ちっぽけな自分」をいかに肯定するか、になったのですね。

橋本 90年代には、モデルとしての「権威ある父親像」が喪失します。70年代はまだ「権威ある父をいかに乗り越えるか」というのがテーマだったけれど、90年代になると父親はリベラルな、友達みたいになってきますから。そうなってくるときに、子供たちにとって、何が人生の目標、目的になるのかですよね。

 「エヴァンゲリオン」は、物語のウラで「人類補完計画」が進んできて、それが最終的に不発に終わるというお話です。人類補完計画というのは、「大いなるものに溶解して、世界が一体となって新たな生命体へと進化する」ためのもの。グノーシス的ともいうのですか、全体主義的なモチーフというのがあって、弱い自分というものはどうしても、そういった「大いなるもの」に憧れてしまうんです。

 ところが、シンジ君は最後にそれを拒否する。自分はちっぽけな自分でいいんだと、みんなと一体になって溶解することを拒否します。実は、これはまさに自由主義の基礎なんです。どんなに醜く、どんなに卑俗でも、一人ひとりの個人の権利を認めるところが、自由主義ははじまるからです。

―― 同じ自由といっても、時代によって色々だとよくわかります。それでは、わたしたちが生きる現在についてはいかがでしょうか?どうも、冷戦崩壊とバブル崩壊後、新しいモデルをみつけられずに、日本社会全体が迷走している感があるのですが。

橋本 現在の自由とは、創造性としての自由です。1995年、IT革命でビル・ゲイツがでてきますね。彼のような存在は「ボボズ(BOBOS)」といわれます。彼らは60年代に学生運動やヒッピー文化を担っていたため、社会の規律から自由なボヘミアン、つまり「流浪の民」的な生活スタイルをもっています。ところが他方で、資本主義社会のなかでブルジョア的な成功も収めています。ブルジョア・ボヘミアン、略してボボズというわけです。

コメント8件コメント/レビュー

橋本先生のお話の内容は大変参考になりました。確かに日本の次の有り方として橋本先生の示す方向性は有りだと思います。その意味では今の日本政府が進める非正規の正社員化よりも、非正規雇用のセーフティネットの充実と雇用の流動化及び同一価値労働同一賃金制度の導入などが必要となるでしょう。また、それを牽引する政治経済の具体的な目標も重要でしょう。哲学的なことは良く判りません(特にシンジ君って誰?尾崎豊はレコード・CDとも一枚も持っていないし)が、何となく云わんとする事は判ったように思います。(2010/08/28)

「脱・幼稚者で行こう!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

橋本先生のお話の内容は大変参考になりました。確かに日本の次の有り方として橋本先生の示す方向性は有りだと思います。その意味では今の日本政府が進める非正規の正社員化よりも、非正規雇用のセーフティネットの充実と雇用の流動化及び同一価値労働同一賃金制度の導入などが必要となるでしょう。また、それを牽引する政治経済の具体的な目標も重要でしょう。哲学的なことは良く判りません(特にシンジ君って誰?尾崎豊はレコード・CDとも一枚も持っていないし)が、何となく云わんとする事は判ったように思います。(2010/08/28)

駅前で歌い、一定のファンを持つアマチュアバンド、コミケで同人誌を売る若者、ワンフェスで海外からも欲しがられる自作造形作品を展示即売するアマチュア造形家・・・金持ちではないけど、芸術方面で食べていける程度に成功する人は確実に増えていますね。何れもここ20年、つまり失われた20年の中で育ってきたものです。そもそもエヴァンゲリオンを作ったガイナックスもアマチュア映画グループからの出身ですし。ってか、使い切れない大金を稼いで、使いもしない金の管理に人生を浪費するのもどうなのかなとか。(2010/08/28)

>政策的に彼らを支援して、例えば、非正社員は、正社員よりも子どもを多く育てられる時間と多額の子ども手当てがあるえーと、社会の大半を占めるようになる非正社員に多額の子供手当を払うのは誰なんでしょうか?税こそがその源泉になると思いますが、納税者が少なくなる一方では、とてもそんな額の子供手当用財源なんか支えられないと思いますが…みんなが貧乏になるのは国の趨勢というものもあるし、仕方ありませんが、それを莫大な公的支援で支える、には支えるに足るだけの財政的・経済的な成功が無いと難しいと思われます。(2010/08/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員