• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

都市創造産業が誕生する

「呼び込み」から「売り出し戦略」に出たシンガポール

2010年9月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 スマートシティの本質とは何か――。

 日経ビジネスでは2010年9月6日号で「スマートシティ~40兆ドルの都市創造産業」という特集を組み、環境を配慮したスマートシティの建設が進む意義についてリポートした。

 環境都市というと、風力発電や太陽光発電、次世代電力網のスマートグリッドや電気自動車といった技術や製品に関心が集まりがち。しかし、これらは新しい都市を構成する要素に過ぎない。

 スマートシティとは、都市創造産業の誕生。この産業のキーワードはグローバル。これからの都市の開発は国境の枠を越え、最新の知見や技術、ノウハウを持ったプレーヤーが連携して進んでいく。

 では、グローバルチームの一員として企業が活躍していくには何が必要か。その参考になる事例を、本誌特集ではリポートしている。このコラムでも、関連事例などをリポートする。

沿岸部もまさに建設ラッシュ
画像のクリックで拡大表示

 街中を覆う鬱陶しい湿気を抜けて、ようやく海辺のランドマーク・マーライオン像広場にたどり着いた。マーライオンの視線の先にこちらも目を向けると、新たに造成されたであろう埋立地に、次々と建設機械や資材が搬入されていく。建設ラッシュに沸くシンガポールはバブルの様相すら呈す。

 政府機関である経済戦略委員会が今年2月に発表したシンガポールの新成長戦略。環境戦略もその骨子の1つになった。2030年までに、すべての建物の80%を厳しい環境基準を満たした「グリーンビルディング」に。旅行客の7割は公共交通機関を利用。産業廃棄物の70%をリサイクルなど、いずれも意欲的な目標が並ぶ。

 こうした目標に向け、東京23区と同規模の小さな国土が今、その姿を変えようとしている。西部ではスマートグリッド(次世代電力網)の実証実験や、環境産業の集積地である「クリーンテックパーク」。北東部では環境配慮型の住宅施設が連なる「エコタウン」の建設がこれから本格化する。

厳しい規制が企業を鍛える

 スマートシティ化が進むシンガポール。確かにその先進性やスピード感は、ほかのスマートシティプロジェクトと比べて勝るとも劣らない。ただし、それだけではこの国の本質を見誤ってしまう。

 「どこに行ってもシンガポールばかりだ」。

コメント0

「未来都市宣言 スマートシティ事業参入のススメ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員