• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

黄昏時の国内人材派遣業界

2010年9月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

蘭企業がフジスタッフの完全子会社化に乗り出した。派遣法改正と景気の不透明さがその背景にある。海外進出や異業種参入に活路を見いだそうとの動きが急だ。

 8月中旬、世界第2位の総合人材サービス会社、蘭ランスタッドグループがジャスダック証券取引所上場の人材派遣会社フジスタッフホールディングスに対するTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化に乗り出すとのニュースが注目を集めた。

 蘭企業による日本の派遣会社の買収。フジスタッフは「世界規模で業務を行うノウハウを得て、長期的に安定成長を実現するための最良の選択」と説明する。だが、見方を変えれば、今回のTOBは日本の派遣業界の衰退を物語っている。

 派遣業界の疲弊の背景には、リーマンショックに端を発する世界同時不況と、秋の臨時国会で継続審議される労働者派遣法改正案の影響がある。

派遣法改正の可能性が高まる中、国内の人材サービス業界は大きな転機に立たされている(写真:毎日新聞社/アフロ)

 派遣法改正案は、派遣会社に登録し、仕事がある時だけ働く「登録型派遣」や、2カ月以下の短期派遣を原則禁止とするものだ。今秋の臨時国会で法案が成立すれば、派遣業界は大打撃を受けることとなる。

 そこで、派遣会社はこぞって生き残り策を講じ始めた。キーワードは、グローバル化と異分野参入だ。

コメント3件コメント/レビュー

聞く所によると、約5万ある派遣会社が2万程度になるとか。派遣会社の大激減と併せて雇用を何とかしなきゃイカンですよ。(2010/09/07)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「黄昏時の国内人材派遣業界」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

聞く所によると、約5万ある派遣会社が2万程度になるとか。派遣会社の大激減と併せて雇用を何とかしなきゃイカンですよ。(2010/09/07)

 経済の活性化や雇用の改善のためには労働市場の多様化が保たれることが必要と思う。人材派遣業が国外重点化、他業種転換を図るのは企業存続のためにはやむ得ないと思うが、国内労働市場発展のためには残念である。(2010/09/07)

人材派遣業の営業を多数知っています。彼らは自ら悟っているように、なんのスキルもありません。今までは、顧客企業のスペックを社に伝え、出てきた人を連れていき、顧客企業と派遣の不満を「ハイハイ」と聞くだけでしたから。とくに、なにも考えていない女性社員が多いのも気になっていました。そういう会社が異業種に出ていってなにができるのかものすごく疑問です。資金さえあればなんでもできるなら、銀行、商社はもっと巨大企業になっていることでしょう。これから起きることは、社員の切り捨てと資本の無駄使い。。数年経てば人材派遣をやっていたころを思い出し「あのころはよかった」になることでしょう。(2010/09/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長