• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

電動バイク、国内市場救うか

2010年9月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ホンダやヤマハ発動機が「電動バイク」を発売する。国内需要の起爆剤とも期待されるが、大手の視線は海外に。低迷する国内2輪車市場は、このまま沈み行くのか。

 電動バイク元年ーー。4輪業界に触発されるかのように、国内2輪車業界にも電動ブームが押し寄せている。

 ヤマハ発動機が9月1日に首都圏で先行発売した電動バイク「EC-03」は騒音・排ガスを一切出さず、小さな車体ながらスムーズな加速を特徴とする。6時間の充電で43kmの走行が可能。価格は同クラスのガソリン2輪車との差が5万~10万円ほどの25万2000円と、割安感を打ち出した。

ヤマハ発動機の電動バイク「EC-03」
ヤマハ発動機の電動バイク「EC-03」は軽快に街中を走行できる

 経営不振のさなか、大規模なリストラを進める一方で、ヤマハ発は電動関連の技術には2012年末までに80億円を投じ、新モデルも順次投入する計画だ。「世界でトップシェアを目指す」(柳弘之社長)と、鼻息は荒い。

 対する2輪車世界最大手のホンダも電動スクーター「EV-neo」のリース販売を12月から国内で始める。個人向けを想定しているヤマハ発の製品に比べ、大きな荷物を積載できるなど頑丈な設計を施し、業務用も狙う。

 2輪車の国内出荷台数は2009年、ピークだった1982年のおよそ9分の1の38万台まで減少した。世界トップ2社の相次ぐ電動車の製品投入は、長期低迷する国内の2輪車市場で久しぶりの明るい話題として期待感が高まる。

イメージ刷新で国内市場活性化

 ヤマハ発で電動関連事業を統括する小林正典・執行役員は「今までの延長線上ではない、新たな顧客の開拓につなげたい」と意気込む。都市交通のあり方が見直されれば、低い環境負荷で気軽に短距離移動できる電動バイクの需要が高まると見ているためだ。

 もっとも、大手メーカーにとって国内市場の活性化は、電動バイクを投入する狙いの1つにすぎない。むしろ、その視線は巨大な海外市場に向いているようにも見える。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長