• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

韓国が放つ次なる世界戦略「商品」の中身

ソウル近郊の新都市で壮大な実験が始まった

  • 瀧本 大輔

バックナンバー

2010年9月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 エネルギー浪費型の都市から環境配慮型のスマートシティへ――

 都市のパラダイムは今後、人口が急増するアジアを中心に急速に変化していく。スマートシティへの移行が意味するのは、都市創造産業の誕生だ。動き始めた新産業の胎動を、日経ビジネスでは2010年9月6日号の特集「スマートシティ~40兆ドルの都市創造産業」でリポートした。

 中国やインドなどでは今後、様々な表情を持ったスマートシティが増殖する。そこに商機を見出した国や企業は、既に動き出している。日本のお隣、韓国も例外ではない。ソウル近郊に姿を現した、6万5000人規模の「新都市」の実力をご覧に入れよう。

 世界でも一足早く、人が実際に生活している「スマートシティ」がアジアにある。その街の場所は中国でもシンガポールでもない。日本のお隣、韓国だ。

 ソウルから約50km離れた空の玄関口、仁川(インチョン)国際空港。その隣接区域に、「松島新都市(ソンドシントシ)」と呼ばれる真新しい街が姿を現しつつある。

松島(ソンド)新都市の全景。建設途中の写真だが、広大な敷地に建物が整然と配されているのが分かる

 黄海に面したソンドの街には、今も鎚音が響く。2014年にインチョンで開催が予定されているアジア大会の会期を目指して、都市の開発は急ピッチで進んでいる。建設途中や未着工の高層ビルやマンションも少なくないが、完成・分譲済みのマンションには約8000人が暮らしている。最終的には約6万5000人が暮らす都市になる計画だ。

韓国最高層のビルと広大な公園が共存

 やや人工的な雰囲気がある街の中心部を見渡すと、そこには高層マンションやホテルが立ち並び、高さが約305mで韓国最高層のオフィスビル「北東アジア貿易タワー」がそびえる。

 2012年には高さ587メートル、151階建ての「仁川タワー」も完成する予定だ。仁川経済自由区域庁のオ・ホンシク次長は、「空港が近い地の利を生かし、北東アジアのハブとなる都市を目指している」と語る。

松島(ソンド)新都市の様子。右側の高層ビルが現時点で韓国最高層(約305m)の北東アジア貿易タワー。2012年には587メートル、151階建ての仁川タワーが完成予定(写真:瀧本大輔)
画像のクリックで拡大表示

 自然環境との共生を重視した街だけに、自然も多い。ニューヨークのセントラルパークを参考にしたという約4万平方メートルもの広さの公園が広がり、海水を利用した川にはバス代わりの船が行き来する。低層の建築物の屋上は緑化されている。木々が生い茂る公園を散策していると、トンボが悠々と羽を広げていた。

 それでは住環境はどうか。分譲済みのマンションの63階にある一室を案内してもらったところ、スマートシティを標榜するだけに、住居にはハイテクが満載だった。

 リビングにはエアコンや照明の制御、電力消費量の確認などができる集中制御端末があり、大画面テレビやパソコンでも同じ操作が可能。レストランを予約したり、テレビ会議システムを使って医師の助言を受けたりもできる。これらのシステムは今後、米アップルの「iPhone」のようなスマートフォンでも操作できるようになる予定だという。

 体重や血圧、体脂肪などのデータを医師に送り、簡単な診断を受けられる「eヘルス」サービスもある。ゴミをダクトから吸引して収集センターまで自動集積するシステムがあるので、街にゴミ収集車は不要。将来はガスを利用した発電システムや、燃料電池バスの導入計画がある。近隣に地下鉄の駅が複数あるので、自動車を多用しなくて済む。

コメント4件コメント/レビュー

場所が韓国というだけで、実際は欧米資本による実験場になっている都市ですね。ほとんどの大企業が欧米に買収された結果、韓国の地元のひとたちはかなり悲惨な様子が、この実験都市の記事からも伺い知れます。失礼ながら、反面教師として日本もこんなことにならないように、経済的な国防にも力を入れるべきです。どうしようもない駄目銀行、日本銀行をトップに据えていながら、これまで持ちこたえてきた日本は偉い、と思いました。(2010/09/08)

「未来都市宣言 スマートシティ事業参入のススメ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

場所が韓国というだけで、実際は欧米資本による実験場になっている都市ですね。ほとんどの大企業が欧米に買収された結果、韓国の地元のひとたちはかなり悲惨な様子が、この実験都市の記事からも伺い知れます。失礼ながら、反面教師として日本もこんなことにならないように、経済的な国防にも力を入れるべきです。どうしようもない駄目銀行、日本銀行をトップに据えていながら、これまで持ちこたえてきた日本は偉い、と思いました。(2010/09/08)

テーマであるスマートシティ自体の機能性や狙い、著者が言おうとしている商品性・それの国内・外の影響性などについてもっと具体的に論じるべし。中途半端にその国の社会的な問題を扱うから下記のような変なコメントがつくのだ。言いたいのが何か、もっとはっきり言ってください。(2010/09/08)

素晴らしい行動力だと思います。今からでも遅くないから、日本でも理想の都市をつくるべきです。建築技術、IT技術、環境技術、ものづくりやデザインへのこだわり・・・まさに、日本の強みを十二分に活かせるプロジェクトになるでしょう。夢があるし、世の中の役に立つ。カジノ構想よりよほど良いのではないでしょうか。(2010/09/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長