• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

結婚相手も成長するアジア頼み

国際結婚の背景にある日本経済の停滞

  • 山田 昌弘

バックナンバー

2010年10月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 トルコのカッパドキアに何十人もの日本人女性が嫁いでいると聞いて、私も正直びっくりした。ひとり、ふたりなら、そんな人もいる、で片付けられよう。しかし、何十人となるともう立派な社会現象である。そこで、アジア社会に詳しい知人に問い合わせると、タイや香港など、アジア人男性と結婚して海外で暮らす日本人女性がかなり増えているらしいことが分かった。

 私は、日本の結婚問題を社会学的に研究する中で、日本の地方に調査に行くことが多い。よく知られているように、日本では未婚化が進み、結婚する人がますます少なくなっている。地方では、嫁の来手がいないと嘆く中年男性の声をたくさん聞いた。そんな中、わざわざアジアまで行って結婚している日本人女性が増えているらしい。これは、興味深い現象ということで、前回のこのコラムを執筆した開内さんと2人で調査を始めた。

 そこで見えてきたのは、日本とアジア諸国の経済的地位の変化である。中国のGDPが日本を追い抜くなど、近年のアジア諸国の経済発展には目覚ましいものがある。一方、日本は、バブル崩壊以降、失われた20年といわれるくらい、経済が停滞している。日本は豊かな先進国、アジアは貧しい発展途上国とは、もはや言えなくなっているのだ。

 そんな中で、国が発展する中で豊かになったアジア人男性と、停滞した日本に見切りをつけ世界に飛び出す日本人女性が出会って結婚していく。

 初回で述べられたように、従来の国際結婚と言えば、日本人男性とアジア人女性、欧米人男性と日本人女性という組み合わせが一般的だった。現在、アジア人男性と日本人女性というパターンが目立ち始めているのは、単にグローバル化で人の国際移動が増えたということでは説明できない。国際結婚の変化の中に、国際社会の中で地盤沈下する日本と発展著しいアジア諸国の経済状況が反映しているのではないだろうか。こんな問題意識を持って、アジアに出かけ、国際結婚している日本人女性に話を聞くと、やはりという思いが募る。

 アジア人男性と日本人女性のカップルの実情を見ていく前に、日本の結婚の現状と国際結婚の動向を押さえておこう。

配偶者どころか交際相手もいない未婚者たち

 1975年以降、日本では、晩婚化、未婚化が進行している。晩婚化とは結婚する年齢が遅くなっていることで、未婚化とは、そもそも結婚している人の割合が少なくなっていくことである。ちなみに、平均初婚年齢は、1975年には男性27.0歳、女性24.7歳だったのが、2009年には、男性30.4歳、女性29.8歳歳にまで上昇している。

 そして、結婚していない人の割合は、年々高まっている。1980年には、30代前半の未婚率は、男性14.3%、女性7.7%だった。2005年には、それが男性47.1%、女性32.0%にまで上昇している。5年前の時点で、30~34歳の男性の2人に1人、女性では3人に1人が結婚していない(グラフ)。今年は国勢調査の年だが、未婚率が5年前と比べどの程度上昇しているのかどうか注目されている。

画像のクリックで拡大表示

コメント9件コメント/レビュー

まあ当たり前でしょうね。家事・育児負担に大きな偏りのある日本では、低収入男性と結婚した女性は、正社員・パートに関わらず共働きで、さらに家事のすべてをこなして子育てまでして、となると、自分ひとりを自分で食わせるほうがラク。専業主婦させてくれるほどの余裕があるか、外注化などで家事・育児の諸問題をある程度お金で解決できるキャリア共働きかどちらかでなければ結婚するメリットがない、と考えるのを「我が儘」で切り捨てては、少子化が進むだけでしょう。(「我が儘」はコメントに対する感想です)(2010/10/26)

「なでしこ姫はアジアをめざす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

まあ当たり前でしょうね。家事・育児負担に大きな偏りのある日本では、低収入男性と結婚した女性は、正社員・パートに関わらず共働きで、さらに家事のすべてをこなして子育てまでして、となると、自分ひとりを自分で食わせるほうがラク。専業主婦させてくれるほどの余裕があるか、外注化などで家事・育児の諸問題をある程度お金で解決できるキャリア共働きかどちらかでなければ結婚するメリットがない、と考えるのを「我が儘」で切り捨てては、少子化が進むだけでしょう。(「我が儘」はコメントに対する感想です)(2010/10/26)

つまり、女性はますます我が儘になっているって事ですね。(2010/10/05)

上昇婚というけれど、そんなのは今に始まったことではない。一夫多妻制はその典型だ。より強い・経済力のある男に集まる。優秀な遺伝子は残るし、生物としては合理的だ。 昭和時代は、一夫一妻が成り立つ条件が備わった稀有な時代。 今後、全ての女性の上昇婚を満足するには、経済力のある少数の男に女が集中するようになるだろう。 結局一夫多妻制復活、男尊女卑時代の再到来か?(2010/10/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授