• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

年利2689%の消費者金融

2010年10月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント8件コメント/レビュー

改正貸金業法で15-20%で良い制度に思えたが先日のテレビで高利貸しが大繁盛してつぎつぎ参入が増えている事を知った。この法律は数か月前に始まったばかりではやくも大変な事になってきている。速く法律を停止させるべきだ。ウオンガの貸金は短期決済であるのがよい。デフォルトも普通より少ないらしいのがよい。20代30代でヒットしているのはパソコンを使えない高齢者は利用出来ないからだろう。ウオンガのやり方をする日本の貸金業者がでてきても良いと思う。(2010/10/08)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「年利2689%の消費者金融」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

改正貸金業法で15-20%で良い制度に思えたが先日のテレビで高利貸しが大繁盛してつぎつぎ参入が増えている事を知った。この法律は数か月前に始まったばかりではやくも大変な事になってきている。速く法律を停止させるべきだ。ウオンガの貸金は短期決済であるのがよい。デフォルトも普通より少ないらしいのがよい。20代30代でヒットしているのはパソコンを使えない高齢者は利用出来ないからだろう。ウオンガのやり方をする日本の貸金業者がでてきても良いと思う。(2010/10/08)

日経らしい、最終段落に込められた悪意に笑いました。(2010/10/07)

「カネを借りることはリスク」と自己責任が徹底していれば、一理ある契約手法とは考えます。倒産したサラ金が過去に問題視されたのは、取り立て手法に違法性があったからです。この企業もどうやって取り立てているのかに興味があります。他国と日本の比較で顕著なのは、日本の踏み倒し率が極めて低いことがメディアでも挙げられるほどですから、当然、この企業の貸し倒れリスクは日本より悪いと想像します。(2010/10/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長