• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

異文化が交わる人間関係だから、細かいニュアンスが大事になる

「自己主張」だけでも「謙遜」だけでもダメ

  • 河合 江理子

バックナンバー

2010年10月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前々回(「英語ができても、意思が通じるとは限らない」、前回「英語でセルフマーケティングができて仕事につながる」と、コミュニケーションについて述べてきた。これらを踏まえて、今回は英語が共通語として使われる組織内における経験を紹介していきたい。

 私が働いていたスイスのバーゼルにある国際機関のBIS(国際決済銀行)では、利害衝突を避ける「難しい状況に対処する方法」という職員向けのセミナーが用意されていた。「難しい状況」と言っているが、実際は、多くの職員が悩んでいる「難しい人間関係」をスムーズにするテクニックを教えるセミナーである。国際機関は、同僚や上司でも全く違う考え方や習慣を持つ人の寄り合い所帯である分、余計にコミュニケーションの改善に努力を払う必要があるのだ。

 コミュニケーションのスタイルとしては、大まかに分けて「Aggressive=攻撃的」、「Assertive=自分の意見を主張」、「Submissive=従属的または服従的」の3つがある。一番好ましいのは自分の意見を理論的に主張しながら、相手の主張を聞き入れて妥協点を見出すことだ。避けるべき態度は、攻撃的と服従的な態度であると教えられて、各々のスタイルを分析した。

毅然とプロフェッショナルな態度を取る

 日本では服従的な態度には、あまりネガティブなイメージがないかもしれない。それどころか、儒教の教えでは、部下は上司に従順であるべきということになっている。しかし、セミナーでは自分の思っていることを相手に伝えない「避ける」という態度も、「受身」の態度も従順的な態度と考え、避けるべき態度とされる。私も攻撃的な態度のベルギー人の上司に対して知らず知らずに、直接的なコンタクトを避けたり、自分の意見を言わずに自分の殻に閉じこもったりという防衛的な態度を取っていた。

 ヨーロッパで相手に自分の考えに気がついてもらうのを待つというという態度では自分の意見が伝わらない。それどころか、服従的な態度を取ると、自分のフラストレーションを相手にぶつける「いじめ」に遭うこともある。海外でも攻撃的な人間によるいじめ=「パワハラ(パワーハラスメント)」はある。

 その場合は「毅然とした態度を取ることが必要」「口争いはせずに、プロフェショナルな態度で接するべきだ」と教えられた。声のトーンやボディーランゲージに気をつけ、相手の目を見つめて、“I do not agree with you.”と相手にはっきりと告げる。同時に、関係悪化を防ぐために、相手と同意できる点もあることを前もって考えて告げる。仕事のうえで協力できる関係を保つことを忘れてはならない。相手の気持ちや立ち場などを想像し、相手とは同等に対峙するのだが、自分なりの戦略を考える必要がある。その想像力が大切である。

 私の元上司は、「360度評価」で部下に対する圧政的・攻撃的な態度が問題になった上司であった。360度評価というのは、多面評価とも言われ、通常の上司からだけの評価ではなく、部下や同僚、仕事で関係のある他部門の担当者などから評価される評価制度である。「僕はあなたの領地で働く農奴ではない」とケンカして辞めた同僚さえいた。

 その上司は結局、そういう態度が災いして降格された。セミナーに参加して、他の部門でも、攻撃的な上司にそれを避けるために従属的な態度を取り、いじめまでにはいかないが、言葉の被害にあっている人たちが多くいることを知った。

 「上司の立場として、どうしたら攻撃的な態度を避けられるか」などについても話し合った。言葉のニュアンスの問題もある。一般的に、“You should”とか“You ought”とかという表現は避けること。そしてなるべく、“I”を使って、“I think”“I need”というように自分の責任をはっきりさせることも重要なポイントだ。

コメント3件コメント/レビュー

前にコメントさせていただきました浅学菲才の私(TOEIC500点未満から海外ビジネスの現場に放り出されて技術問題の交渉程度までは何とかの程度)です。チョッと気になりましたのは「...技術系の文章ならともかく、言葉を単純に翻訳するだけでは、相互理解にはほど遠い。」との部分です。 技術系の文章でも言葉を単純に翻訳して意味が通じる事は少ないですよ。まぁ、各センテンスの誤訳は起き難いといった程度ですね。 実務上では、記述されている事象やロジックの関係を技術的に捉えて何を重視して訴えようとしているのか把握しませんと、全くスレ違ったやり取りになってしまいます。◆例えば、A事象が起きたので結果Bに至ったと書かれていても、A事象が起きる事が問題なのか、A事象が起きたのが結果Bを引き起こしたのを問題視しているのかで、全く違った展開になります。今までの常識で判断していて前者と主張しているのか? 今までに無い事なので後者の観点を訴えているのか、技術的背景だけでは判断がつかず、文章のニュアンスから判断して行かなければなりません。 当然、結論から逆に推測するようでは、技術的なポイントを取り違えてしまう危険性が出て来ますしね。◆他の例としては、今までに無い事象、考察や理論を翻訳する場合は、絶対、逐語訳ではダメで、その記述全体を英文のロジックで捉えないと、内容把握すらできない場合がありますよ。...それで、痛い目、見ております。(2010/10/12)

「英語の公用語化って何?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

前にコメントさせていただきました浅学菲才の私(TOEIC500点未満から海外ビジネスの現場に放り出されて技術問題の交渉程度までは何とかの程度)です。チョッと気になりましたのは「...技術系の文章ならともかく、言葉を単純に翻訳するだけでは、相互理解にはほど遠い。」との部分です。 技術系の文章でも言葉を単純に翻訳して意味が通じる事は少ないですよ。まぁ、各センテンスの誤訳は起き難いといった程度ですね。 実務上では、記述されている事象やロジックの関係を技術的に捉えて何を重視して訴えようとしているのか把握しませんと、全くスレ違ったやり取りになってしまいます。◆例えば、A事象が起きたので結果Bに至ったと書かれていても、A事象が起きる事が問題なのか、A事象が起きたのが結果Bを引き起こしたのを問題視しているのかで、全く違った展開になります。今までの常識で判断していて前者と主張しているのか? 今までに無い事なので後者の観点を訴えているのか、技術的背景だけでは判断がつかず、文章のニュアンスから判断して行かなければなりません。 当然、結論から逆に推測するようでは、技術的なポイントを取り違えてしまう危険性が出て来ますしね。◆他の例としては、今までに無い事象、考察や理論を翻訳する場合は、絶対、逐語訳ではダメで、その記述全体を英文のロジックで捉えないと、内容把握すらできない場合がありますよ。...それで、痛い目、見ております。(2010/10/12)

 『あまりニュアンスのない技術系の文章ならともかく、言葉を単純に翻訳するだけでは、相互理解にはほど遠い。』 これは技術翻訳を甘く見すぎです。日本語と慣用句の位置関係が逆だったり、専門用語の使い方が逆だったり、慣用句の専門用語の区別がつきにくかったりと、直訳すると間違った意味に伝わる惨劇の種がゴロゴロ転がっているのが技術翻訳です。さすがに英文和訳ではこの種の間違いはほとんど見ませんが、和文英訳でのヒヤリ・ハット体験は山ほどしてきました。(2010/10/12)

私がアメリカの会社の日本法人の責任者を務めていたときに感じたことは、アメリカ人は案外上司に対して従順で、日本人ほど上司に対して自分の意見を強く言わないということだった。まぁ、この問題は、お国柄もあるが、社風もあるし、なんと言っても個人差が大きいと思う。マイケル・サンデル教授の白熱教室@東京大学をTVで見たが、日本の若い人達は結構堂々とデベートできる。要は、ポイントを突いて、誰が聞いてもなるほどと思わせるだけの説得力のある論理を展開することが肝心。相手が誰であろうと。ユニクロの目指す TOEIC 700点程度では、結局イイタイことは言えず、あるいは聞き取れず、日本語を交えないと英語だけでは本当の会議にはならないと思う。練習するだけなら良いが。(2010/10/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長