このコラムについて
ビジネスパーソンのための日本国債入門

世界各国が金融危機から脱却するための財政出動を余儀なくされた結果、国債に対する信認は大きく低下している。日本でも財政状況は深刻さを増している。
ただし、「日本国債暴落論」は少なくとも今のところ「狼少年」ですんでいる。
これは、国内貯蓄率の高さと円高期待で、日本国債が「選ばれる 側」にあったからだ。例えれば、各国が参加する「ソブリン・ワールドカップ」の「予選リーグ」を日本は通過しやすいということだ。しかし、その先の「決勝ラウンド」で勝ち残るためには、日本の国力を結集して財政問題の解決を急ぐ必要がある。

記事一覧

アクセスランキング

閉じる