• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

観光立国元年に手荒い洗礼

2010年10月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

尖閣沖の漁船衝突事件をきっかけに悪化した日中関係。1万人規模のツアーが中止になるなど、観光も報復の対象となった。だが、影響が本格化するのはこれから。観光立国への真価が問われる。

日中関係が悪化した中で迎えた国慶節当日も三越銀座店は中国人観光客でにぎわった(写真:陶山 勉)

 中国の祝日、国慶節に当たる10月1日。東京・銀座の中央通りでは、日本人の買い物客に交じって、中国語で会話をしている観光客と思しき人たちの姿も多く見られた。国慶節は中華人民共和国の建国記念日で、この日を合わせて約1週間、休日が続く。春節(旧正月)などと並ぶ大型連休で、日本を訪れる人も多いが、今年はどうなるか分からなかった。

 9月7日に発生した尖閣諸島沖の漁船衝突事件を機に、日中の関係が急速に悪化したためだ。漁船の船長を逮捕した日本側に対し、中国側は報復と見られる措置を次々と打ち出した。その1つに「観光」があった。

 1万人規模の団体旅行を予定していた宝健日用品有限公司は尖閣問題に抗議して、訪日旅行を中止。中国政府は旅行会社に対し、訪日旅行の募集や広告を自粛するよう指導した。

 だが、国慶節の銀座の人通りを見る限り、尖閣問題の影響はさほど感じられない。中国人観光客に人気が高い三越銀座店。9月に増床し、新設された外国人向けの観光案内所には、買い物を済ませた中国人客が免税手続きのために次々と訪れていた。「9月の平均に比べ、10月に入ってからの外国人の免税金額は約2倍になっている」(三越伊勢丹ホールディングス)。

 一方で、いち早く中国人旅行客を取り込んできた宿泊施設などには、影響が出ているところもある。

空室埋め急ぐ富士山周辺の旅館

 宿泊施設の格安予約サイト「トクー!トラベル」を手がけるクーコムには、9月下旬以降、取引先である宿泊施設からの問い合わせが相次いだ。特に目立ったのが富士山周辺の宿泊施設で、「これまでおつき合いのないホテルからも連絡があった」(広報担当者)。

 富士山は中国人向けのパッケージツアーで必須の訪問先の1つ。東京から富士山を経由して京都・大阪を巡る旅程は「ゴールデンルート」と言われる。こうした中国人の団体客を受け入れてきた富士山周辺の宿泊施設は、「1万人ツアー」の中止などで宿泊のキャンセルが増えている。

 トクーは通常の予約サイトや旅行代理店と異なり、宿泊施設側から手数料などを取らない。代わりに、会費を払っている消費者向けに格安で宿を紹介するビジネスモデルを取っている。

 空室を恐れる宿泊施設側は間際になるほど、思い切った低価格を打ち出す。この価格をそのまま会員に出せるのがトクーの強みで、会員も宿泊日当日や前日といった直前に予約するケースが多い。こうしたサイトの特性を知り、中国人の突然のキャンセルに慌てた富士山周辺の宿泊施設が駆け込んできたというわけだ。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「観光立国元年に手荒い洗礼」の著者

小平 和良

小平 和良(こだいら・かずよし)

日経ビジネス上海支局長

大学卒業後、通信社などでの勤務を経て2000年に日経BP社入社。自動車業界や金融業界を担当した後、2006年に日本経済新聞社消費産業部に出向。2009年に日経BP社に復帰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監