• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「草食男子」は海外からも見捨てられ始めた?

経済力のあるアジアの若い男性のほうが“魅力的”

  • 山田 昌弘

バックナンバー

2010年10月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 前回述べたように、経済状況と結婚状況には、密接な関係がある。日本で結婚したくてもできない人が増えているのは、ここ20年の日本の経済停滞と密接に関係している。経済停滞の結果、若い男性の収入が不安定になっていることが、結婚を遅らせている最大の要因なのだ。

 そして、グローバル化が進展している現在、経済状況が結婚に与える影響は、日本国内だけに留まらない。1980年代、国際結婚が増え始めた時期は、確かに、日本の経済力はアジアの中で抜きんでていた。だから、アジアの女性が来日し、日本人男性と結婚するというパターンが増えたのだ。

 しかし、21世紀に入ってから、日本の経済停滞を尻目に、アジア諸国の経済発展が目立つようになった。韓国、シンガポールや香港のような新興工業国だけではなく、中国、インド、トルコやASEAN諸国の台頭も著しい。

国外では「外国人男性」&「日本人女性」が増加

 その結果、近年、統計をみても、国際結婚に変化が見え始めている。それは、国内における日本人男性-外国人女性の結婚が少なくなる一方、国外での外国人男性と日本人女性の結婚が増えているという点だ。

 まず、戦後の国際結婚の動向を統計からみてみよう。

 2009年、国内で夫婦の一方が外国人である結婚は、3万4393組。国内での日本人同士の結婚は67万3341組である。国内の結婚の約5%が国際結婚である。

 ここで、「国内の」と書いたのは、海外で結婚した分を含んでいないからである。海外の在外公館に届けられた日本人の婚姻件数は1万1953組。ただ、この数字は、日本人同士が外国で結婚したものも含まれている。外国で結婚した夫婦の一方が外国人である結婚は、2008年データでは、1万321組となっている(日本人同士2215人)。
(ただ、事実上結婚しても、日本公館に届けないケースも多いので実数はもっと多いと思われる)

 2008年のデータで計算すると、日本人同士で結婚した人数は、138万2704人、外国人と結婚した日本人は、4万7290人。結婚した日本人の3.3%、30人に一人は外国人と結婚しているという計算である。

 これを男女別、国内外別にみると、国際結婚の動向がよくわかる。例えば、国内での国際結婚は、日本人男性が多く、逆に、国外では日本人女性が圧倒的に多い。2008年に日本で外国人男性と結婚した日本人女性(8249人)よりも、国外で外国人男性と結婚した日本人女性(8686人)が多い。逆に、外国人女性と結婚した日本人男性は、国内2万8720人なのに対し、国外はわずか1635人、国内の一割にも満たない。

国際結婚の動向

国内での国際結婚
(年) 1980 1985 1990 1995 2000 2005 2008
日本人男性-外国人女性 4386 7738 20026 20787 28326 33116 28720
日本人女性-外国人男性 2875 4443 5600 6940 7937 8365 8249
国外での国際結婚
日本人男性-外国人女性 520 2104 1618 1672 1491 1635
日本人女性-外国人男性 1529 3050 5974 6913 8329 8686

コメント21

「なでしこ姫はアジアをめざす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官