• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2大SNS、仁義なき戦い

  • 原 隆

  • 広岡 延隆

バックナンバー

2010年10月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ゲームの普及で、盛り上がる携帯電話向けSNS業界。水面下では法に触れかねない行為が蔓延している。2大勢力に挟まれたベンチャー企業から悲鳴が上がる。

 「売り上げが突如半減」「事業計画が完全に狂ってしまった」…。

 悲痛な声を上げているのは、携帯電話向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で2大勢力を築いているグリーとディー・エヌ・エー(DeNA)の争いに巻き込まれたベンチャー経営者たちだ。

 今年8月初旬、DeNAが運営するSNS「モバゲータウン」にゲームを提供中のベンチャー企業の役員は、こんな連絡を受けた。「グリーに今後ゲームを出した場合、今後トラフィックを流さない(会員を誘導しない)」。DeNAからの突然な通告だった。

 ほかのベンチャー企業もこう証言する。「グリーとうち(DeNA)、どっちの陣営につくんだという話をされた」。

 この踏み絵はベンチャー企業だけに向けられたようだ。大手ゲーム開発企業はこう打ち明ける。「DeNAから取引停止などを依頼された事実はない」「中小のゲーム開発企業がそういう扱いを受けた事実は聞いている」。

独禁法に抵触の可能性も

 そして、この通告はただの脅しではなかった。DeNAからの通告を無視してグリーへゲームを提供した企業は、次々とモバゲータウンから事実上、“抹消”されることになる。

 従来、外部企業の開発したゲームは、モバゲータウンの「新着ゲーム」などのコーナーで紹介されていた。しかし、通告を無視した企業は、同コーナーから外され、検索窓から検索しても見つからず、カテゴリーからたどろうとしても見当たらなくなった。ゲーム自体が消えたわけではない。新規会員獲得の導線部分を遮断したと見られる。

 騒動をIT(情報技術)情報専門サイト「TechCrunch」が報じたことで、検索結果はその後復活。ただし、いまだにカテゴリーからは抹消状態が続く。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック