• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

梅のカクテルで25倍成長

中野BC(和歌山県海南市、酒類及び関連食品などの製造・販売)

2010年10月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

清酒の販売減を、様々な果汁を使った「カクテル梅酒」のヒットで補った。清涼飲料水やガムなどに混ぜる梅エキスの販売シェアは80%に達する。研究所で健康食品などを開発し、梅の総合食品メーカーを目指す。

看板商品の梅酒を手にする中野幸生社長

 日本最大の梅の産地である和歌山県。中野BCはその産地に近い地の利を生かして、梅酒の売り上げを伸ばしている。宝酒造やチョーヤ梅酒(大阪府羽曳野市)などが一般消費者向けに梅酒を販売しているが、中野BCが得意なのは業務用だ。居酒屋の「白木屋」や「土風炉」「東方見聞録」などに梅酒を販売している。

 実際、記者が大阪駅周辺で何気なく入った居酒屋では、同社の代表作「ゆず梅酒」を置いていた。店主は「周辺の居酒屋でも扱っている店は多い」と言う。癖のないさっぱりとした味わいを楽しめる。中野BCは30種類もの梅酒を取り揃えている。

スピード重視し、産地直送

 社名のBCのBはバイオケミカル、Cはクリエーションを表す。同社は梅酒で培ったバイオ技術を使って梅の果肉エキスや健康食品なども販売する。清涼飲料やチューインガム、和菓子などに使う梅の果肉エキスのシェアは80%に達している。

 2009年9月期の売上高は36億5600万円。2004年9月期の売上高は31億2500万円だったので、リーマンショック後の景気後退期でも安定した収益を上げてきた。梅酒を中心とした商品の多様化が奏功した格好だ。

 同社の梅酒の特徴は、素材の活用にこだわっている点だ。果肉が柔らかい完熟の南高梅のみを農家から直接仕入れ、摘み取った当日か翌日には醸造酒に漬け込む。梅は収穫後1日か2日空くと傷み出す「足が早い」食物であるため、産地に近いのは大きな利点だ。

 ただ、収穫してすぐに漬け込めばいいわけではなく、水分が多すぎると熟成しづらい。製造において梅酒蔵人の役割が大きい。梅が傷まないように日陰で水切りし、乾燥状態を見計らって漬け込む。約半年間漬け込んだ後、梅酒のクエン酸や糖度を測定し、“きき梅酒”を繰り返しながら果実を取り出す日を決めている。

 また、同社は果汁と掛け合わせたカクテル梅酒を開発し、これがヒット商品となった。この原料となる果汁についても、国産で非加熱の素材にこだわっている。一般的には加熱した濃縮果汁を使うことが多いが、同社はフレッシュさを強調するためにストレート果汁に限定しているという。

 梅のスペシャリストと言える中野BCだが、もともとは梅とは無縁の事業を手がけていた。

 同社の事業遍歴は、日本人のお酒の嗜好の変化と重なる。1932年に創業した同社は当初、焼酎造りに注力する。高度経済成長期に清酒の消費量が増えると、清酒に参入。全国の卸や小売店を和歌山県に招待するなどして、地道な営業を展開した。当時、和歌山県には42の蔵元があり、同社は76年に和歌山県で清酒の売上高がナンバーワンになるまで上り詰めた。

自動車ディーラー進出の蹉跌

 清酒の売り上げが伸びた70年代には、多角化を進める。その代表例が自動車ディーラーへの進出だ。和歌山市と田辺市に店舗を構え、120人ほどのスタッフを抱えていた。しかし、もともと自動車販売のノウハウがなかったために次第に売り上げが減少。数年間で撤退することになった。こうした失敗経験から中野幸生社長は、「手を広げすぎてはいけない。本業を磨かなければならない」と考えるようになる。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「梅のカクテルで25倍成長」の著者

大西 孝弘

大西 孝弘(おおにし・たかひろ)

日経ビジネス記者

1976年横浜市生まれ。「日経エコロジー」「日経ビジネス」で自動車など製造業、ゴミ、資源、エネルギー関連を取材。2011年から日本経済新聞証券部で化学と通信業界を担当。2016年10月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック