• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

楽天、日本流が待ち受ける罠

2010年11月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

楽天が10月19日、中国版楽天市場「楽酷天」を開設した。最大手の検索企業、百度と組み万全の体制を敷いた。だが、一筋縄ではいかない中国市場で苦戦が予想されている。

 台湾、タイ、インドネシア、米国、フランスと次々と海外展開を加速する楽天が最も神経を使うのが中国だ。インターネット人口は既に4億人を超えた。優に日本の総人口を凌駕する中国のインターネット市場は、グローバル企業への転換を急ぐ楽天にとって命運をかけた戦いの場となる。

 10月19日にスタートした中国版楽天市場、「楽酷天(らくてん)」には並々ならぬ精力を傾けた。日本で培ったノウハウを中国で展開するため、技術者や出店企業の教育係を送り込むなど人員も配置した。「日本の楽天市場の機能開発が大幅に遅れている」と関係者が漏らすほどだ。こうした集中投資によって楽酷天は開始時に2000社の出店企業を集め、まずまずのスタートを切った。

中国版楽天市場「楽酷天」には随所に日本流が注ぎ込まれるも、中国人からの評判はいま一つ

 しかし、中国のあるネット企業の社員は楽酷天を一目見てこう語った。

 「楽天は半年間、何をやっていたのか。まさか本気で作ったサイトとは思えない」。デザインがまるで中国人のテイストに合わない。さらには、中国語の「ウィンドウズ」からアクセスしているにもかかわらず、一部日本語に文字化けしていた。

 楽酷天が戦うべき相手はアリババグループが運営するEC(電子商取引)モール「淘宝網(タオバオ)」だ。楽酷天とは異なり、個人間で商品を売買するオークションサイトだが、自営業者や企業も入り乱れた巨大市場を形成。中国EC市場の実に8割のシェアを淘宝網が握る。

 もちろん、楽酷天も勝算なく飛び込んだわけではない。「非常に強力な検索エンジンを持つ百度(バイドゥ)と極めて強力なパートナーシップが構築できている」。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「楽天、日本流が待ち受ける罠」の著者

原 隆

原 隆(はら・たかし)

日経コンピュータ記者

宮崎県出身。お酒が好きです。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手