• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

サマースクールで子供たちに教えられました

第1回 目指すは“気づきの種”がある環境作り

  • 小林 りん,中西 未紀

バックナンバー

2010年11月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2013年、軽井沢に日本とアジアをはじめとする世界各国の子供が寄宿する全寮制の高校を作る――。こんな目標を掲げて、日々、奔走する女性がいる。軽井沢インターナショナルスクール設立準備財団代表理事の小林りん氏だ。

 小林氏は東京大学経済学部を卒業、外資系投資銀行やベンチャー企業で働いた後に、もともと関心のあった国際協力の分野に転身。米スタンフォード大学国際教育政策修士号を取得し、国連児童基金(ユニセフ)で貧困層教育に携わる。その経験から次世代のリーダー教育の重要性を強く感じ、それが今の取り組みにつながっていく。

 なぜ小林氏は全寮制インターナショナルスクールを開校し、何を成し遂げようとしているのか。小林氏が仲間たちとともに「ゼロから学校を作る」取り組みを追っていく。

 優雅な避暑地として広く知られる軽井沢。夏の暑さをしのごうと多くの来訪者が訪れるこの地に、今年の夏は“賑やかで元気な”集団の姿があった。

 男子が16人、女子が18人の計34人。年齢は12~15才で、ちょうど中学生に当たる。このうち、日本の学校に通っている子供は10人。後は、シンガポールやフィリピン、ミャンマー、ネパールなどアジア7カ国から来た子供9人と、日本のインターナショナルスクールに通学している子供15人となっている。

 この子供たちは、7月19~30日まで開催されたサマースクールの参加者だ。国籍がバラバラというだけではなく、生活環境も全く異なる。日本人の両親で育った子供がいれば、日本人と外国人の間に生まれた子供もいる。今回は奨学金によって参加が可能となったアジアの子供もいる。受講料は、14日間の宿泊と食事も含めて14万5000円だった。それでもアジアの貧困層にしてみれば渡航費なども加わり、おいそれと出せる金額ではない。奨学金の用意は不可欠だった。

 それぞれの家庭がサマースクールの存在を知ったのは、主にクチコミ。親同士の情報交換や海外大学のメーリングリストなどで開催を案内した。ごく限られた範囲での告知だったが、それでも当初予定だった30人の定員を大きく上回り、面接や論文などで審査して選抜した。こうして集まった子供たちが、一つ屋根の下で、毎日を共にした。

授業や日常生活は英語で過ごす

 こんなサマースクールを主催した軽井沢インターナショナルスクール設立準備財団で、代表理事を務めるのが小林りんだ。彼女の人物像についてはこの連載でおいおい明かしていくが、2013年に日本で初めてとなる全寮制インターナショナルスクールを立ち上げようと、財団の仲間たちとともに本気で取り組んでいる。サマースクールは、そのための準備という位置づけになる。中学生を対象にしたのも、3年後の開校を睨んでのことだ。

 この軽井沢インターナショナルスクール設立準備財団とは、どのような組織なのか。代表は小林ともう1人、あすかアセットマネジメント(東京都千代田区)の社長である谷家衛がいる。谷家は、戦後74年ぶりに誕生した独立系の生命保険会社でインターネットを主な販売チャネルとするライフネット生命保険(東京都千代田区)において社長の出口治明と副社長の岩瀬大輔の出会いに一役買った人物としても知られている。

 理事には、著名な建築家である鈴木エドワード、上場企業のトップである朝日ネット社長の山本公哉やネットプライスドットコムグループCEO(最高経営責任者)の佐藤輝英、環境ビジネスの草分け的存在であるエンヴァイロテック代表の高橋百合子が就任している。そして、アドバイザリーボードには、以下のメンバーが名を連ねている。

議長 出井伸之(クオンタムリーム代表、元ソニー会長)
アドバイザー 北城恪太郎(日本IBM最高顧問、経済同友会終身幹事)
アドバイザー 立石文雄(オムロン副会長、経済同友会幹事)
アドバイザー 伊佐山建志(カーライル・グループ会長、元日産自動車副会長)
アドバイザー ポール・クオ(クレディ・スイス ジャパン在日代表兼最高経営責任者)
アドバイザー エアン・ショー(マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社長)
アドバイザー 茶尾・デイビッド・克仁(ドール・キャピタル・マネジメント創業者兼ゼネラル・パートナー)

 「奨学金を給付することで異なる経済的バックグラウンドを持つ生徒や、様々な性格や考え方を持ち合わせる生徒を集め、本当の意味でのダイバーシティ(多様性)を持ったインターナショナルスクールにしたい。こういう環境を用意できてこそ、学校が社会や世界の縮図となってリーダーシップを養う経験を積める場になる」

コメント6件コメント/レビュー

取り組み自体はとてもすばらしいと思いました。ただ、それゆえに、うがった見方すれば、ほんまの目的は? 関わる人たちの利害は? なんて思ってしまいます。この取り組みが頓挫しないように、当事者の熱い気持ちと周りからの客観的な視点なども掘り下げてほしい。特に、中身がとってもいいと感じただけに、高額な受講料やサポート体制、そして、子どもたちやサポーターたちの選考体制なども、今後、掘り下げてほしいです。(おやさん)(2010/11/09)

「軽井沢にアジアのための全寮制高校を作ります!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

取り組み自体はとてもすばらしいと思いました。ただ、それゆえに、うがった見方すれば、ほんまの目的は? 関わる人たちの利害は? なんて思ってしまいます。この取り組みが頓挫しないように、当事者の熱い気持ちと周りからの客観的な視点なども掘り下げてほしい。特に、中身がとってもいいと感じただけに、高額な受講料やサポート体制、そして、子どもたちやサポーターたちの選考体制なども、今後、掘り下げてほしいです。(おやさん)(2010/11/09)

 軽井沢に学校を作る必然性、それは日本には「外国人が珍しがれれ田舎」が軽井沢を始め沖縄やニセコなど限られた場所しか存在しないからなのではないでしょうか? さらに、講師陣のアクセスを考えると東京から新幹線で通える軽井沢という立地は他の候補地より優れており、第一校舎を作る場所としては軽井沢ということになったのではないでしょうか? アジアからのアクセスや物価を考えると、沖縄も捨てがたい魅力がありますが、今度は講師の確保が難しくなるので、沖縄に立てるとしたらば第2校舎以降になるのではないでしょうか?(2010/11/08)

素晴らしい取り組みだと思います。子供たちもかなりのレベルアップができていて、驚きです。が、結局一番の問題は我々大人一人一人が、こういう能力のある子供を抜擢できるかどうかにかかっています。いくら意見を言える自立心を持っていても、それを学校のクラスで潰してしまったり、社会に出て足を引っ張ったりする文化が日本ではまだまだ根深いです。子供を育てると同時に、我々大人一人一人が子供に対する接し方を考えることが必要かもしれません。(2010/11/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長