• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本語では、「日本の考え方」は世界に伝わらない

「英語ができる政治家」では選挙に勝てないのかもしれませんが・・・

  • 河合 江理子

バックナンバー

2010年11月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、水村美苗さんの『日本語が亡びるとき――英語の世紀の中で』(筑摩書房)という本を読んだ。今からちょうど2年前、2008年11月に発売されて「小林秀雄賞」を受賞するなど話題になったので、ご存じの方も多いだろう。帰国子女で米イェール大学と大学院で仏文学を専攻した後、日本語で小説家と活躍している著者の日本語論、英語論は説得力がある。

 無策であるままのゆえに、いつまでたっても日本には優れて英語が出来る人材が充分に育っていない。それをことに感じるのは、テレビのニュースで国際会議などの模様を見ていて、各国の政治家がみな英語を話す中、日本の政治家だけはしれっと日本語で通し、皆が並ぶ写真のかろうじてはしに立たされないよう努力したあげくの作り笑いが見え透くときである。日本は国際会議に出かけられるだけの英語力をもった政治家さえ育っていない。国連や世界銀行で働く日本人の数も、日本人の経済力を考えると、信じがたいほど少ない。

(『日本語が亡びるとき』pp.268~269)

 国際機関で働いてきた私は、この部分にとても共感を覚えた。日本の拠出金に比べて、日本人職員の数は少ない。例えば、OECD(経済協力開発機構)の年間予算は3億2800万ユーロ(日本円にして約360億円)に上る。このうち、日本政府の拠出額は全体の13.1%に達しており、アメリカの29.3%に続く第2位である。ところが日本人職員は、2500人中の70人にも満たず、そのうち50人近くが日本政府からの出向者。自ら応募した職員は20人以下となっている。

英語力の乏しさが国力の減退につながる

 外務省はいろいろな手立てをとって日本人職員の採用をプロモートする努力をしているが、それでも専門性と、語学力の両方を兼ね備えた人材を見つけるのに苦労している。

 世界銀行やIMF(国際通貨基金)、国連などの国際機関でも同じことが言える。日本は国連の第2の出資国なのに、日本人スタッフのプレゼンスは低い。働きたい人はたくさんいるのだが、英語力の欠如が原因の1つである。

 水村さんの次の文章は毎日、実感として私の身にしみていることである。

 「英語公用語論」には、反対するが、政府の無策を前にして、「英語公用語論」を唱えずにいられなかった人たちの思いには、手をとりあって泣きたいほど共感する。英語の世紀とは、冷戦構造が崩れ、日本が明治維新のときのように自前で外交を進めなければならなくなった世紀でもある。しかも、外交がメディアにさらに左右され、いよいよ言葉の力で渡りあわねばならなくなった世紀でもある。そんなときに、日本に優れて英語ができる人材が充分に存在しなかったら、どうやって世界のなかでやっていけるのか。

(『日本語が亡びるとき』pp.271)

 以前にも書いたが、私は英語公用語論者ではない。日本で日本人同士がなぜ英語で話し合わなければいけないのか、と疑問視しており、国民総バイリンガルになる必要はないと確信している。日本では、日本語が国語で、日本でのビジネスは日本語が話せれば充分なのである。

 しかし、日本の国益を代表するエリートたちが、日本の立場や選択を世界の国に英語で説明していかなかったら、いったい誰が日本の国の国益を考えてくれるのだろうか。知らず知らずのうちに、国力は減退していくのではないのだろうか。国を代表してグローバルな活動をしている人は、どうしても英語が堪能でなければいけないのだ。

 外交や国際会議でのスピーチは、平和時における最高の武器ともなりえるので、かなり高いレベルの英語力を持たなければならない。その発言は、発音はともかく、理論だった説得力のある英語であってほしい。

 堂々と「論理的に」議論できるには、自分の考え方と知識が必要だ。英語がペラペラでも、無内容ではダメなことは言うまでもない。イランやイラクでも、外相などは発音がなまっていても、かなり丁々発止と英語で記者会見している。原稿の棒読みでは、尊敬されるはずがないと思う。

コメント22件コメント/レビュー

日本人にとっての「英語が話せる」レベルは、ハードルが高いなと常々思います。政治家にかかわらず、メディアに露出する立場の経営者の多くも、公の場で英語で発言しないのは、「美しくない英語を嗤う日本人」の存在があるからなのでは、と思います。日本語ですらきちんと話せないと嘲笑される社会で、「通じればいい英語」を話すことは蛮勇とされそうです。つたない英語でも、話したいという強い意欲と内容に意義があるなら、それで評価されるべきと思いますが、そんな空気が出来ない限り、なかなか日常的な英語は広まらない気がします。(2010/11/10)

「英語の公用語化って何?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本人にとっての「英語が話せる」レベルは、ハードルが高いなと常々思います。政治家にかかわらず、メディアに露出する立場の経営者の多くも、公の場で英語で発言しないのは、「美しくない英語を嗤う日本人」の存在があるからなのでは、と思います。日本語ですらきちんと話せないと嘲笑される社会で、「通じればいい英語」を話すことは蛮勇とされそうです。つたない英語でも、話したいという強い意欲と内容に意義があるなら、それで評価されるべきと思いますが、そんな空気が出来ない限り、なかなか日常的な英語は広まらない気がします。(2010/11/10)

言葉は必要さえあればすぐに上手になります。日本人が外国語下手なのは、生活上の必要が少ないからです。必要のある人は各界での上層部とか前線で活躍する人だから、一般には頭の悪い人は少ないでしょう。だから言葉の習得はまったく問題ありません。例に挙がった日銀総裁のように、です。必要があるのに言葉を習得しない人は、やる気のない人なのでしょう。国際機関で働く日本人が多いのは、仕事内容の魅力があるのかないのか、あるとしてもその魅力が十分に周知されているか。僕は就職する際、国際機関で働くことはまったく念頭にありませんでした。(2010/11/10)

 なぜ国連で働く日本人が少ないのか?それは国連で働くドイツ人が少ない事と同じ理由で「旧敵国」だからという大きな理由がある事をお忘れではないでしょうか? 「旧敵国条項」は未だに健在だという事を無視してしまうのはいかにも歴史感覚ゼロの日本人らしいといえばらしいのですが・・・ 逆に旧敵国条項を撤廃するためにも日本人職員を増やすべしという論点もありますが、それにしても旧敵国条項というキーワードの欠如はお粗末です。(2010/11/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長