• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

賃貸派に“住宅難民”リスク

2010年11月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東京都心で、住宅を借りられない高齢者が増えている。リスクの高さを理由に契約を拒まれ、行き着く先は築30年以上の木造アパート。持ち家ではなく一生賃貸という選択肢にも、落とし穴が潜んでいる。

 東京都心で今、築30年以上の古い木造アパート人気が高まっている。といっても、最近流行のリノベーション物件ではない。借り手は、身寄りのない高齢者や生活保護者など、住宅に困窮した人々だ。

 東京都豊島区。西武池袋線のターミナル駅である池袋の隣駅、椎名町。かつて学生街と呼ばれた界隈の情景が、急速に変わっている。

身寄りのない高齢者が続々

 「生活保護者と高齢者。これが物件相談の2トップ」。椎名町駅前で不動産仲介業を営む、サカエ建設の佐野光代表は言う。社名こそ建設とついているが、地元の不動産会社として40年以上、仲介業を続けてきた老舗だ。

住宅を借りたくても借りられない高齢者
住宅を借りたくても借りられない高齢者。人口の高齢化とともに問題が深刻化しつつある(写真:的野 弘路)

 駅周辺には立教大学や美術系の予備校、語学学校などが集積している。かつては、年の瀬ともなると、翌春の学生生活に向けて下宿先を探す親子連れがあちこちで見られた。

 ところが、ここ10年ほどで、物件探しの主役は完全に交代した。2000年前後から、大学や専門学校は相次いで自前の寮を建設したため、学生の相談が急速に減った。代わって目立つようになったのが、先の高齢者や生活保護者である。サカエ建設も、今では物件相談の半数以上がそうした人々を相手にするものだ。

 無論、高齢者だからといって仕事への姿勢が変わるわけではない。ところが、大家の反応が芳しくないのだという。「高齢者はなるべく断ってほしいとクギを刺されることも少なくない」と佐野氏は困惑する。

 保証人のいない高齢者が新築や築浅の物件に入居することは難しく、いきおい築30年以上の古い木造アパートを紹介せざるを得ない。

 生活保護者の増加ともあいまって、都心では、高齢者による木造アパート人気という奇妙な現象が起きている。

 人口の加齢が進む日本。高齢化といえば、地方の問題と片づける人が少なくないが、実は都市部の高齢化の方が、より深刻なのである。

コメント8件コメント/レビュー

賃貸派は老後に苦労しますよ、みたいに誘導したいのだろうか?大家が避ける理由を確認しないで断れば悪人ですか?あなたの一部屋を身寄りのない老人に月4~5万で貸せばいい。そういう問題意識を持つ方たちが協力し合えば問題ない。大家は税金を払い、借入金を返済している事業者だ。老後の対策ができなかった方々には事情によって保護政策を早急に取るべきだ。怠慢で過ごしてきた方々には事業仕訳された施設等を改装して集団で生活してもらえば?生活保護で酒、煙草を楽しんできた人とリストラや事故、障害の人々では全く違う。本質は政策だ。(2010/11/20)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「賃貸派に“住宅難民”リスク」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

賃貸派は老後に苦労しますよ、みたいに誘導したいのだろうか?大家が避ける理由を確認しないで断れば悪人ですか?あなたの一部屋を身寄りのない老人に月4~5万で貸せばいい。そういう問題意識を持つ方たちが協力し合えば問題ない。大家は税金を払い、借入金を返済している事業者だ。老後の対策ができなかった方々には事情によって保護政策を早急に取るべきだ。怠慢で過ごしてきた方々には事業仕訳された施設等を改装して集団で生活してもらえば?生活保護で酒、煙草を楽しんできた人とリストラや事故、障害の人々では全く違う。本質は政策だ。(2010/11/20)

2010年の高齢化率は23%。ところが日本の個人金融資産の約6割をその23%の高齢者が抱えているという。高齢者層全体を見れば富裕層なのだ。マクロ的には富裕層に対して保護をさらに厚くする必要は全くない。むしろ高齢者層は、社会に付加価値を生み出す農奴(=今の現役層)から搾取する中世の王族、貴族のような存在だ。落ちぶれた哀れな貴族(=貧しい高齢者)は貴族間で助け合うべきで、農奴からさらに搾取するのは道理的におかしい。貧しい高齢者の住宅問題は高齢者同士で解決していただきたい。(2010/11/19)

見出しと記事の内容がぜんぜん違う。老後に困るのは、持ち家より賃貸を選んだ人ではなく、賃貸に住むしかなかった人だ。「賃貸を選ぶ」程度の経済的にゆとりがあれば、こどもが独立した後で1LDK程度のマンションを買うという選択肢もあろう。あと大学等が相次いで自前の寮を、というのは本当だろうか。記事中にある立教大学は、寮を廃止したのだが。(2010/11/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長