• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

旅行大手を虜にする検索力

フォルシア(東京都新宿区、ネット検索エンジンの開発・販売)

2010年11月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

旅行会社のサイトの約7割に導入されている検索システム「Spook(スプーク)」。検索速度の速さに加え、検索結果を見やすく配置する機能が高く評価されている。開発したのは、金融業界の第一線で腕を磨いた夫婦が興したベンチャー企業だ。

 旅行会社のインターネット販売に新風を吹かせた企業がある。東京都新宿区に本社を構えるIT(情報技術)ベンチャー企業、フォルシアだ。

 社員数20人ほどの小さな企業だが、取引先には全日本空輸(ANA)、日本旅行、日本航空(JAL)など大手企業が並ぶ。旅行・運輸業界以外にもレストランや通販サイト、福利厚生サービスを取り扱う企業など十数社と提携、各社の消費者向けサイトにフォルシア独自の検索システム「Spook(スプーク)」を導入している。

約50倍の速さで検索

 スプークが大手企業から高い評価を得ている理由は、随時更新される膨大な量の情報から、必要なものを素早く探し出す技術に長けているからだ。その速さは、従来の検索システムの50倍とも言われる。

 検索速度の速さを特徴に挙げるのは他社のサービスでも同じだが、スプークがほかと異なるのは検索の手法だ。他サイトでは情報を検索するのに「キーワードを拾い上げる」手法を採用しているケースが多い。スプークは、その情報が目的に合致しているのか否かなどを自ら判断しながら情報を絞り込んでいく機能を持たせている。

 その強みが顕著に表れているのが、旅行会社のコマースサイトだ。

 旅行商品は朝食の有無から部屋のタイプまで、細かく設定されているものが多い。その分、どうしてもデータベースが重くなりがちだ。

 スプークを導入しているサイト「BIGLOBE旅行」を例に挙げれば、旅行会社9社が持つ110万件以上のプランを1つのサイトで紹介している。その中には高額のツアーや特色のある魅力的なパッケージ商品もある。

 BIGLOBE旅行では、こうした大量の情報から顧客が求める情報を瞬時に表示するため、様々な仕掛けを施している。特徴の1つは、サイトを開くと左側にある日本地図だ。地図には、北海道や東北など地域ブロックごとに関連する旅行商品の数が表示されている。例えば「北海道 1185」といった具合だ。これにより、検索したい項目に該当する情報が、全体の中にどれだけあるのかが一目で分かる。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「旅行大手を虜にする検索力」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長