• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

若者癒やすマッサージチェア

  • 飯泉 梓

バックナンバー

2010年11月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 家電製品の中でにわかに注目を浴びつつあるのがマッサージチェアだ。これまでは高齢者が購入する高価な家電製品というイメージが強かったものの、最近は若い人をターゲットにした手軽な商品が次々と誕生している。これによって市場全体は拡大傾向にある。2009年度の28万台から2010年度は30万台に増える見通しだ。

パナソニックの「マッサージソファ」は若い女性を中心に人気がある

 市場の牽引役となったのが、パナソニックが昨年発売した「マッサージソファEP-MS40」だ。

 もともとこの商品は若い女性がマッサージ専門店に足繁く通う姿にヒントを得て、若い層をターゲットに開発が進められた。だが、そんなターゲットにとって購入をためらう最大の要因が、置き場所だった。従来のマッサージチェアだと、大きくて邪魔になり、部屋の雰囲気も壊れてしまう。

 そこでリビングに違和感なく置いてもらうために、様々な工夫を施した。一見すると、普通のソファにしか見えない。背の高さは85cmと、一般的なソファとほぼ同じ高さなので、ソファの隣に置いても邪魔になることはない。スペースが余分に必要になる、リクライニング機能はあえて搭載しなかった。座るだけで、十分体が伸ばせるような設計にしてある。

 デザインにもこだわった。ソファ本体も白や黒だけでなく、ブルーや黄色といったカラフルな色を用意したうえに、14種類のカバーを販売している。カバーによって、部屋の雰囲気を変えることもできる。「購入者の4人に1人がカバーを購入していく」という人気ぶりだ。

 店頭では20万円前後で販売されていて、従来品の約半額。狙い通り若い女性を中心に支持を広げている。

 デザインにこだわったマッサージチェアはほかにも続々と登場している。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長