• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「北朝鮮の韓国砲撃」で、国家のあり方が問われる日本

【番外編】続・「国防戦略」なき国会議員でいいんですか?

  • タナカ(仮称)

バックナンバー

2010年11月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 極東地域(という言い方自体が英国的で、当事者置いてけぼりですが)に大動乱の予感がするタナカ(仮称)です。

 不幸の予言は気分の良いものではありませんが、この連載で以前、こんなことを書きました(「『国防戦略』なき国会議員でいいんですか?」)。砲撃の対象となった延坪島(ヨンピョンド)を付け加えた形で、図版も再掲します。

 今、韓国の哨戒艦が沈没したことで、韓国と北朝鮮の間に軍事的緊張が走っています。ここで、もし戦争状態が発生した場合、韓国の同盟国である米国が韓国軍の支援に補給などの空輸をする場合、岩国基地が一番近いです(日本の民間空港だと、福岡空港や佐賀空港もありますが、日本国内で知事の説得や法的な調整が必要と思われ、有事とはいえ紛争の初期局面では自由には使いにくいでしょう)。

 そうすると、北朝鮮にとって、韓国支援の兵站線を遮断しようと思ったら、岩国基地が攻撃の対象になると思われます。日本は、地理的環境から、紛争に巻き込まれる恐れがあるのです。

 また、日本がこれを怖れて岩国基地の使用を禁止した場合、日米同盟は崩壊し、韓国軍も支援が途切れて苦戦するかもしれません。これによって韓国で多数の一般市民が死亡する事態になったら、日本はたいへんな責任を負うことになります。

 さて、その紛争の結果として、もし北朝鮮が崩壊し、韓半島が統一され、親米韓半島政権が生まれたとしましょう。ここに米軍の軍事基地が置かれることになると、一番近い場所では中国の首都である北京まで700キロメートル程度しかありません。これは近代兵器を前提にすると、十分に指呼の距離と言え、中国にとって重大な脅威となります。従って中国は、北朝鮮の位置に親米政権ができることはとても困るでしょう。

画像のクリックで拡大表示

 ワタシは、今回の北朝鮮軍による延坪島砲撃の一報を受けて、即座にこの原稿を書いており、恐らくその後も事態は変転しているものと思われます。

重要な論点は2つある

 しかしながら、民間への「無慈悲な」攻撃があったようであり、民間人にも死傷者が出ていると報じられています。これはたいへんなことで、いつ有事に展開してもおかしくはない事態です。

 攻撃の原因について、いくつかの解説がなされており、大きく3つが挙げられています。

 第一は、権力継承に伴う内政引き締め目的。

 第二は、黄海での軍事演習に対する反発と警告。

 第三は、外交カードとしてのウラン濃縮を無視されたことによる対米外交の「瀬戸際」度を高める目的。

 まあ、そうなのかもしれません。ただ、ここで重要なのは次の2つだと思います。

 まず、民主国家に対する民間人攻撃の重みと、独裁国家における民間人攻撃の重みでは、夫々の内政内において、あるいは民主主義を原則とする国際社会の輿論において、大きなパーセプション・ギャップ(認識のずれ)があるということ。

 そして、それでもなお、中国は北朝鮮の崩壊だけは回避しようとするであろうということです。

 あえてもうひとつを付け加えるなら、韓国にとっては、これを機に対北併呑を成し遂げれば、極東において日本に対する6割国家へ躍進し、名実共に各種国力で日本を凌ぐことが視野に入るということです。

コメント31件コメント/レビュー

記事本文、面白いと思いましたが、内容から考えて、著者は実名を公表するか、顔写真を掲載するなどの、社会的責任を負う形を取るべきではなかったでしょうか。素人の雑感ブログではないのですから、それなりの原稿料をもらっているのでしょう。書き散らかせばいいというものではないと思います。また、朝鮮半島をあえて韓半島と記述するなど、何かの意図を感じざるを得ない表記が気になり、本文の内容が伝わりにくくなっているように感じました。(2010/12/04)

「オルタナティブ政治経済研究所」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

記事本文、面白いと思いましたが、内容から考えて、著者は実名を公表するか、顔写真を掲載するなどの、社会的責任を負う形を取るべきではなかったでしょうか。素人の雑感ブログではないのですから、それなりの原稿料をもらっているのでしょう。書き散らかせばいいというものではないと思います。また、朝鮮半島をあえて韓半島と記述するなど、何かの意図を感じざるを得ない表記が気になり、本文の内容が伝わりにくくなっているように感じました。(2010/12/04)

世間一般から大きくかけ離れた、朝鮮半島の南北統一についての認識には疑問に感じます。韓国が今の北朝鮮との統一を本気で願っているとはとても思えません。万が一戦争になっても早々に終結し、北の併合で得た国力で軍事、経済面で一流の国家になるというのは余りに楽観視が過ぎます。北を無傷で手に入れて QoL の向上だなんて、何の冗談ですか?(2010/11/29)

国家間に警察はありません。自己防衛は近代国際社会では常識です。有事の際、米国が助けてくれるなどとお花畑の頭の人には理解できないと思いますが。でもこれって、日本は戦争放棄しているから米国人に日本の盾になれって言っているわけでしょう?それが平和憲法ですか?とっても疑問ですな。まるでママの喧嘩してはいけませんと言われたスネオがジャイアンに色々なものを買い与えて、代わりに喧嘩させているようで、とっても格好悪い。こんなこと言う人間は誰も信用されないですな。(2010/11/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長