• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本の地域をつくり直す

このコラムについて

 シャッター通りになった駅前の商店街、企業が撤退し雇用の受け皿がなくなった地方都市、高齢者ばかりになった限界集落――。地域再生が叫ばれて久しい。一方、リーマンショック後、日本全体の経済は低迷し、地域経済が置かれた状況は困難さを増すばかりだ。
 日本の地域は、短期的にも長期的にも超長期的にも多くの課題が重層的に積み重なっており、これらが相互に絡み合いながら全体として低迷している。その解決の道は自明ではなく、各方面で試行錯誤が続けられている状況である。
 しかし、難しいからといって手をこまねいているわけにはいかない。地域が多くの課題を抱えているということは、そのまま日本の経済社会、人々の暮らしが多くの困難に直面していることを示しているからだ。
 地域政策は今、多くの面でパラダイム転換が求められている。人口構造の変化が地域に及ぼす変化も見逃せない。誰が地域の活性化を担うのか、「集中」か「分散」か、公共投資以外にどのような手段があるのか――。複数の著者が各自の専門領域から地域再生の具体策を探る。

記事一覧

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員