• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あなたにとっての「結婚の決め手」は何ですか?

婚活派VS国際結婚派

  • 開内 文乃

バックナンバー

2010年12月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回のコラムでも述べたが、「恋愛結婚」は、先に恋愛があって、その後に結婚が来る。今さら何を当たり前のことと思われたかもしれないが、恋愛、そして結婚という順番が結婚をかえって難しくしていると言ったら、あなたは驚くであろうか、それとも頷くであろうか。

 驚く人は恋愛の延長線上に結婚があるという「恋愛と結婚は一緒」で、それ以外の結婚は考えられないタイプであろう。このタイプは前回のコラムで書いた女性のような「好きという告白が重要」という人か、「告白した相手と結婚する」という人であろう。

 頷く人は「恋愛と結婚は別だ」と考えるタイプであろう。このタイプは恋愛経験がそれなりにあって、つき合っている相手との結婚を具体的に考えたことがあるにもかかわらず、結婚しなかった経験を持つ人であろう。おそらく、「友達の結婚式に行ってきた。なんか、幸せそうで結婚って、いいなあと思った」と自分から相手に結婚を促したか、相手から結婚をほのめかされ、結婚するかどうかについて悩んだ経験があるかもしれない。そして、結婚を望んだ、望まれた瞬間があったにもかかわらず、ふたりの関係が終わったとき、「恋愛と結婚は別だ」と思ったのであろう。

恋愛と結婚の微妙な関係

 「恋愛と結婚は一緒」と思うタイプ、「恋愛と結婚は別」と思うタイプ、どちらのタイプが結婚しやすいかと問われれば、今やどちらのタイプも結婚しにくいというのが答えである。文芸評論家の小谷野敦氏は『もてない男―恋愛論を超えて』で「多くの異性から好かれても、自分の好きな人から好かれなければ、もてない人である」と述べた。

 「恋愛と結婚は一緒」を実現するには、小谷野氏的な「もてる人」でなければならない。つまり、「恋愛と結婚は一緒」はお互いに好意を持った男女の偶然の「出会い」という難関を突破しなければならない。そして、恋人として付き合っているとき、お互いがこの人だけをこれからも愛していきたいと思う偶然の一致という難関も待っている。このタイプが結婚のゴールにたどりつくには偶然に次ぐ偶然を運にまかせることになる。だから、このタイプの結婚は「もてる人」であっても大変なことである。よって、このタイプの結婚が大変なことは理解が簡単である。

 「恋愛と結婚は別」は「恋愛と結婚は一緒」に比較すれば、結婚へのハードルが低そうに思える。しかし、そうでもないのが日本の結婚事情といえるかもしれない。「恋愛と結婚は別」というタイプも実は結婚には愛情が必要だと思っているのである。結局、このタイプも結婚するとなると、恋愛、そして結婚という順番を重視する。

日本の結婚の90%以上が「恋愛結婚」

 結婚が「恋愛結婚」でなければならないという決まりはどこにもない。結婚には「見合い結婚」もある。「恋愛と結婚は一緒」と考えている独身でも、両親は「見合い結婚」であるという人も多いはずである。

 実際、1965年以前は「恋愛結婚」よりも「見合い結婚」が主流であった。それに「見合い結婚」は1965年から1969年までは44.9%、1970年から1974年までは33.1%、1975年から1979年まで30.4%と、30年前までは珍しくなかった。アラフォー(40歳前後)、アラサー(30歳前後)の両親は「見合い結婚」ということも多いことになる(図1)。

コメント8件コメント/レビュー

男性の視点からは理解が難しい部分もありますが、概ね現状を的確に把握されていると思います。男性の「将来は稼げるかも」、女性の「将来は楽できるかも」という幻想が、グローバル化や情報化の進展により崩壊したことで、お互いが「だまされる」のが難しくなったのでしょうね。(2010/12/14)

「なでしこ姫はアジアをめざす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

男性の視点からは理解が難しい部分もありますが、概ね現状を的確に把握されていると思います。男性の「将来は稼げるかも」、女性の「将来は楽できるかも」という幻想が、グローバル化や情報化の進展により崩壊したことで、お互いが「だまされる」のが難しくなったのでしょうね。(2010/12/14)

結婚なんて生活で、それ以上でもそれ以下でもありません。愛情や十分な収入はあればいいけれど、少々足りなくても暮らしていけます。理想や観念だけで生活はできません。オトコもオンナも考え方の主語が「オレ、ワタシ」でありすぎるのです。「あなた(配偶者)」を主語にすれば自分の未熟さ加減に気がつくのではないでしょうか。いいトシからげてあんなひとこんな条件と目の色変えているひとを見ると先に鏡と自分の条件を吟味するべきだとか思います。でも、そういう本当に役に立つことは言ったところで聞き入れられず、「よくも侮辱したな」などと逆ギレされるのが関の山なんでしょうね。(侮辱と気がつく羞恥心は持ってるわけだ) 誰と結婚したって妥協と忍耐は愛情以上に重要です。(2010/12/14)

このテーマではバイアスが掛かってないアンケートの方が珍しい。最近は感心のある世代が少子化で縮小し、減った購買者数を獲得するために注目度をさらに必要とている。より強いバイアスを掛けないといけない理由だ。一方で、経済活動系はより平静に分析しようと努めるも、数字の実態そのものがひどく隠しけれない。結果、なにをやれば本当に良いか分からず、更に晩婚化・少子化が進む。マスコミ・研究者・アナリストが役に立たない典型的なテーマであろう。昔の日経BPらしさを求む。(2010/12/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長