• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

電子書籍“後進国”返上?

2010年12月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ソニーが米国で先行発売した電子書籍端末を日本に投入。身近な書店で手軽に本が手に入る日本で受け入れられるか。書籍を読める端末数が制限されるなどサービス改善に余地も。

ソニーの「リーダー」。目に優しい「電子ペーパー」を採用
ソニーの「リーダー」。目に優しい「電子ペーパー」を採用

 ソニーは12月10日、電子書籍端末「リーダー」を日本で発売する。投入するのは画面サイズが5インチ(推定価格2万円前後)と6インチ(同2万5000円前後)の2機種。既に欧米など13カ国でリーダーを発売しており、日本は14カ国目となる。

メーカー各社の主な端末

 4年前、最初に発売した米国では年内に市場全体で1000万台に到達する勢いで電子書籍端末が普及しており、米アマゾン・ドット・コムの電子書籍端末「キンドル」や電子書籍機能を搭載した米アップルのタブレット型汎用機「iPad」が市場を牽引する。リーダーも電子書籍端末のシェア(汎用機のiPadを除く)で昨年は30~35%を獲得しており、市場の一角に食い込む。

 そんな「電子書籍先進国」である米国から逆輸入する形で、今回、日本にリーダーを投入する。ただ、米国での成功事例がそのまま日本に適用できるとは限らない。

コメント4

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「電子書籍“後進国”返上?」の著者

吉野 次郎

吉野 次郎(よしの・じろう)

日本経済新聞社記者

1996年、日経BPに入社。2007年から日経ビジネス編集部で電機業界や自動車業界、企業の不祥事を担当。2015年4月から日本経済新聞社電子編集部に出向中。産業、経済事件を中心に取材・執筆する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO