• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

社会経験に加えて、語学習得もできる「ギャップイヤー」の効用

「行動的な人材がいない」と嘆く企業に言いたいこと

  • 河合 江理子

バックナンバー

2010年12月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 イギリスでもアメリカでも、英語が世界の共通語であるので、一般的には外国語学習が必要不可欠ととらえていないようだ。相手が英語を話すのだから、わざわざ相手の言葉を学ぶ必要がないと考えている人も多いのは否めない。この結果として、全体として見れば、アメリカ人やイギリス人の外国語能力はあまり高くない。

 アメリカのような大きな国では、そもそもアメリカから出る必要がなく、海外旅行に興味を持つ人も少ないのではないのだろうか。例えば、前アラスカ州知事のサラ・ペイリン女史。共和党から副大統領として立候補する数年前に初めて海外に行くためにパスポートを取ったという。私にとってはかなり象徴的な出来事であった。

大学入学前の1年を社会経験に当てる

 一方、イギリスでは、高校を卒業してから大学に入学する前の1年間程度を休学し、学生生活では得られない社会経験を積む「ギャップイヤー」という習慣がある。この機会に海外旅行をして、英語以外の言語を学ぶ人が少なからずいる。言葉だけではなく、ほかの国の風習や美術など広い意味の文化を知る機会ともなっている。

 18世紀頃、イギリスの上流階級の子弟の間では、「グランドツアー」という留学の習慣があった。ヨーロッパ文化の辺境であるイギリスから、古代からの芸術の都があるフランスやイタリアなどを旅行し、歴史や芸術、食事、教養を学んでくるのが目的である。イギリスにカントリーハウスがイタリアにある邸宅(パラッチオ)を模倣して作られているのは、その名残である。古くからのグランドツアーの習慣が、今はギャップイヤーという形になっているのかもしれない。

 最近のギャップイヤーでは、単なる海外旅行だけではなく、ボランティア活動も盛んになっている。アフリカの貧しい国などで援助活動に取り組みたいと考えている学生が、大勢いる。あまりにも希望人数が多いため、「ボランティア学生の受け入れ先が足りない」とイギリスでギャップイヤーの学生を対象とする旅行会社の運営者が嘆いていたほどだ。

 ビジネススクール時代の友人であるイギリス人は、ギャップイヤーを利用して、英オックスフォード大学に入学する前にパリの料理学校(ル・コルドン・ブルー)で料理を1年間習い、ついでにフランス語も完全にマスターしたという。料理が好きで、時間があれば学生時代は手料理をご馳走してくれた。ちなみに、その友人は男性であり、今は投資銀行のゴールドマンサックスのパートナーをしている。

 イギリスの元首相であるトニー・ブレア氏もギャップイヤーの時に、ロックバンドのプロモーターをしたと伝記に書いてあるが、噂ではフランスのカフェでウエイターとしても働いていたらしい。それでフランス語がうまいと聞いた。事の真偽はともかく、ギャップイヤーは外国語を習得する場としてイギリス人の間ではとらえられていると言えるだろう。

 もちろん、ギャップイヤーを、語学習得ではなく、将来の就職に備える学生もいる。例えば、ロンドンのシティーにある投資銀行でトレーニー(研修生)として経験を積むといった過ごし方だ。こういう学生は、私の見る限り、親のコネで働いている場合が多かった。

 私が勤めていた銀行でも、17~18歳のパブリックスクール(イギリスの有名私立校)を卒業した高校生たちが立派なスーツを着て仕事に来ていた。丁稚というか、雑用係であるがとても礼儀正しくしっかりしている。表計算ソフト「Excel(エクセル)」を使ったデータ作成などの作業を、安心して任せることができた。

 ギャップイヤーの間に銀行で働いた結果、「自分にこの仕事は向いていない」と感じて、ほかの可能性を探る人も多い。夏休みにサマートレーニーというアルバイトする学生もいる。これに対して、日本の大学生を見てみると、アルバイト先が家庭教師やコンビニエンスストアの店員など、限られているようだ。仕事に対して、様々な経験や知識がないうちに就職を決めなければならないのは気の毒だと思う。

コメント6件コメント/レビュー

当社はグローバルに展開しているコンサルティングファームですが、新卒採用では「履歴書に空白のある人材」の方が高く評価されますね。もちろん、その空白期間に何をやっていて、何を得たかが重要ですが。空白のない、ストレートに大学を出る人も採りますが、マニュアル的作業は素早く正確にやってくれるものの、自分の頭で創意工夫することは苦手です(それさえも指示しないとやろうとしません)。コンサルタントとしては問題なので空白期間がある方が評価される訳ですが、一般の日系企業ではマニュアル的作業を効率的にこなす方が高く評価されるのも事実でしょう。また、空白期間がある人材は優秀がゆえか、転職や起業する割合も高いので、(社会としてはプラスでしょうが)一企業としてはリスクとしてネガティブに捉えてしまうのも仕方無いでしょう。(2010/12/08)

「英語の公用語化って何?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

当社はグローバルに展開しているコンサルティングファームですが、新卒採用では「履歴書に空白のある人材」の方が高く評価されますね。もちろん、その空白期間に何をやっていて、何を得たかが重要ですが。空白のない、ストレートに大学を出る人も採りますが、マニュアル的作業は素早く正確にやってくれるものの、自分の頭で創意工夫することは苦手です(それさえも指示しないとやろうとしません)。コンサルタントとしては問題なので空白期間がある方が評価される訳ですが、一般の日系企業ではマニュアル的作業を効率的にこなす方が高く評価されるのも事実でしょう。また、空白期間がある人材は優秀がゆえか、転職や起業する割合も高いので、(社会としてはプラスでしょうが)一企業としてはリスクとしてネガティブに捉えてしまうのも仕方無いでしょう。(2010/12/08)

米国でも河合さんのおっしゃるように、高校生は社会経験になるようなボランティアやアルバイトをし(これは、内申書に花を添える下心が多分にあり、一部批判の的になっていますが)、大学生は夏のインターンシップで興味のある分野の会社で働きます。●社会人は、成功している人もそうでない人も、過去に専攻や仕事を何度か変えていたり、大学や仕事を休んで旅行したり、海外ボランティア活動に参加したり、多彩な寄り道をしていることが多く、それが各人の幅を広げ、人生を豊かにしています。●日本でも大学に入ったら旅行・アルバイトで寄り道をする人は少なくありませんが、興味が変わっても大学や学部を変えることは難しく、学際的な分野が増えていてもダブルメジャーはできません。また、自分の大学以外の大学院へ進学する学生は少なく、全般的に人の移動が少ないようです。●日本も以前と比べ価値観が多様になり、多彩な生き方が受け入れられてきていますが、大学をもっと柔軟にして、転学部や他大学への編入などをより容易にすると、視野が広く多芸に秀でた人材を輩出できるようになるのではないでしょうか。(2010/12/07)

使える帰国子女であっても、受入れる会社の視野が狭い場合もありますね。採用する側が「自分が負ける」と思ったりすると採用しなかったり、採用しても周囲から特別な眼で見られて、イジメられたりする(海外経験に対する妬み?)。大体、英語だ留学だと大げさに捉えるのもおかしいでしょう。海外留学するのは興味があるからで、個人の勉強の範囲ですよ。親の赴任で海外生活をしたとしても別に悪い事ではなし、むしろ良い経験だ。何を騒ぐのかなぁ?使いにくい人は、国内だけで生活してる人にも沢山いる。海外だけを取り上げるのは、何かの裏返しか、口実に思えてしまうのだが。(2010/12/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長