• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自分の得意を活かせる人材を育てたい

第5回 もう一人のキーマン、谷家衛の思い《後編》

  • 谷家 衛,中西 未紀

バックナンバー

2010年12月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2013年、軽井沢に日本とアジアをはじめとする世界各国の子供が寄宿する全寮制の高校を作る――。このプロジェクトの立ち上げには、小林りん氏のほか、もう一人のキーマンがいる。あすかアセットマネジメント(東京都千代田区)代表で、軽井沢インターナショナルスクール設立準備財団共同代表理事を務めている谷家衛氏だ。

 前回は、投資の世界に身を置く谷家氏が、学校を設立するプロジェクトに関わるようになった問題意識について触れた。そして、小林氏と出会い、いよいよ学校設立に向けて動き出すことになった。今回は、具体的な学校の在り方について、谷家氏に問う。

第1回 「サマースクールで子供たちに教えられました」から読む
第2回 「学校って、どうやって設立するのでしょう?」から読む
第3回「恵まれた環境に感謝、そして社会に恩返ししたい」から読む
第4回「学校設立は、リーダー選びから始まる」から読む

 日本初となる全寮制インターナショナルスクールの2013年開校に向けて動き出している、軽井沢インターナショナルスクール設立準備財団の谷家衛と小林りん。谷家は、新設する高校において、大切にしたいポイントが3つあるという。

 1つ目は、奨学金を設けてアジアの生徒を貧富に関係なく迎え入れることで、本当の多様性(ダイバーシティ)を実現する。

 2つ目は、右脳を使うデザインやアートといった感性と、左脳を使う数学や科学などの論理性、どちらも養っていく。

 3つ目は、学校や寮での生活を通して共生・共感の念を築く。

 では、それぞれについて、詳しく見ていこう。

いろいろな人が活躍できるという日本の思想

 1つ目の「多様性の実現」について。小林は高校生活をカナダにある全寮制の学校で世界各国の同級生と過ごしており、その経験が人生の貴重な財産になっている(参照:「恵まれた環境に感謝、そして社会に恩返ししたい」)。一方、谷家も13歳の息子と11歳の娘を見ている中で、多様性の必要を感じるようになった。

 「息子と娘は、日本にあるインターナショナルスクールに通っています。素晴らしい学校です。ただ、授業料が高いこともあって、通っている子供たちの層が限られてしまいます。もっと違う環境の子供たちと交わって、いろんな刺激を受けさせたいと思います」

 今年初めて、軽井沢インターナショナルスクール設立準備財団が実施した中学生を対象にしたサマースクール(参照:「サマースクールで子供たちに教えられました」)には、谷家の息子も参加している。2週間を過ごした息子は、確かに意識が変わっていた。

 「教えるのではなく、結局は自ら気づくしかないのです。今年のサマースクールでも、ミャンマーやフィリピンの子供たちと時間をともにしてアジアの人々の素晴らしさを知ったり、自分たちがいかに環境に恵まれているのかを知ったりすることは、非常に大きな意味があったと思います」

 また、そこには「日本で学ぶ」ことの意義もある。単に世界各国の子供が集まるインターナショナルスクールでさえあればいいのなら、ヨーロッパやアメリカには名門と言われる寄宿学校がいくらでもある。

 アジアの拠点として日本に学校を作るのであるから、これまでのように欧米諸国的な思想の下で教育を行っていく必要もない。これからはアジア、ひいては日本の良さと言える“和の精神”を取り入れていくべきだというのが、谷家と小林の共通した認識である。

 「日本には八百万(やおろず)の神々を祭ってきた文化がありますよね。それは、唯一絶対のカリスマが1人いて、皆をひっぱっていけばいいというのではなく、いろいろな人が活躍できる場を作ることにつながる思想だと思います」

コメント0

「軽井沢にアジアのための全寮制高校を作ります!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック