• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本人を外国人はどう見ているか?

礼儀正しいだけでは何も伝わらない

  • 河合 江理子

バックナンバー

2011年1月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 外国人の友人に日本における英語の公用語化についてコラムを書いているというと、皆とても興味を示す。そして会話は彼らの日本人とのコミュニケーションの経験談に移ることが多い。今回のコラムでは私の知り合いが指摘した日本人特有なコミュニケーションについてお話したい。もちろんすべてを一般論として話すことはできないが、なるほどと思う点がいくつかあるので紹介する。

ミーティングに多数が出ても発言するのは上司だけ

 東京で外資系の資本運用会社のヘッドをしていたイギリス人の女性は、日本人は自分の意見を積極的に述べないと指摘する。とくに他の人と意見が違う場合は遠慮して発言しない。ミーティング際には部下に対して「どうですか?」と聞かないと自分の意見を述べない。しかし意見を聞かれれば堂々と意見を述べる。準備をしっかりしており自分の意見を持っている。「日本人は遠慮深くて自分がまったく同意しなくても相手の言うことをさえぎらず、忍耐強く相手の話を聞く。イギリス人であったら途中で相手をさえぎって自分は『違う意見だ』と告げ、相手の反論を待つ」と言う。つまり活発な議論になるのである。彼女はいつも会議で皆が発言するチャンスを与えるために一人ひとりに「どうですか」とたずねることにしていたという。

 「数人でミーティングにきているのにかかわらず上司しか話をしない。上司が何か確認したい時だけ部下が発言をする」という指摘も彼女からあった。「日本は他のアジアの国と同様、儒教の影響があるため上下関係に敏感であるから」と答えたが、中国や韓国の若い人たちはもっと自由に発言すると指摘された。 政府関係などの公式のミーティングでは中国人はとてもフォーマルだが、ビジネスのミーティングはもっと活発に議論があるという。

 会議に意味もなく大勢が出席するということも指摘された。ヨーロッパでは普通は先方が1人であったらこちらも1人、先方が2人であったらこちらも2名で対応するという場合が多いが、日本の場合は相手の人数にかかわらず多くの人が会議に参加する。そして皆熱心にメモをとっているが発言はしない。

 そういえば、国際会議などでもいまだにお供を連れて海外に出る場合が多い。欧米では「かばん持ち」的な立場の人を連れている場合は限られている。要件の細部の確認のために部下を連れていくということはほとんどない。シンガポール人の友人は、「人件費の安い新興国はお供の人をぞろぞろ連れて海外出張に出るが、欧米では少ない」と言っていっていた。実際には欧米企業のトップの人でも1人で行動していることが多い。

 このほか、多くの人に指摘されたのはミーティングですぐに決断できず本社に問い合わせなければいけないことが多く結局時間が無駄になってしまうこと。 これでは迅速なビジネスには対応できない。外国人には誰がいったい決定権を持っているのかよくわからない。「決定権を持たない人たちがなぜ会議に出席するのか」などという「確かに」と思われるコメントももらった。

コメント5

「英語の公用語化って何?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)