• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「予定調和」な幸福を夢見ることはできない?

日本での「恋愛結婚」からアジアでの国際結婚へ

  • 開内 文乃

バックナンバー

2011年1月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 前回のコラムで、日本の「恋愛結婚」市場では、男女が出会っても結婚のハードルを越えるのが難しくなってきていると述べた。結婚へのハードルの高さは個人が持っている能力、結婚に対する熱意、出会いの運などに左右されるのは事実である。

 しかし、結婚のハードルがここまで高くなったのは、バブル経済崩壊以降に起きた終身雇用から雇用の流動化、ソ連崩壊による西側資本主義体制対東側社会主義体制という冷戦構造からグローバル化といった日本国内の変化と全世界規模の変化という双方の余波が影響していると考えられる。結婚は個人の問題であるには違いないが、大きな時代の変化において、今あるハードルを変えるのは個人の努力だけでは限界がある。

21世紀のやまとなでしこは「なでしこ姫」?

 香港人男性の方からアプローチをされ、そして結婚したという日本人女性にインタビューした時に聞いた話である。「あなたはしっかりしていると思うけれど、香港人女性とは違って、やっぱり、やまとなでしこだと思う」と夫に言われたという。

 彼女はアラサー(30歳前後)で、自分の進む道はいつも自分で決めてきたし、仕事にも地道に取り組んでいて、香港人の夫と結婚したあとも仕事を続けている女性であった。インタビューをしている時の印象としては、彼女はやまとなでしこというよりも自分の意志を大事にするタイプの女性に見えた。

 「彼はどうして、やまとなでしこだと言ったんですか? 申し訳ないのですが、優子さん(仮名)はわたしには『やまとなでしこ』には見えないんですが…」
 「彼はそういう意味で『やまとなでしこ』だと言ったのではありません。自分のことよりも夫のことばかり考えて、夫の言うことを黙って何でも聞くような美化された日本人女性という意味ではないです。そんなタイプの女性だと思われていたら、彼と結婚していなかったと思います」

 「そうですよね。『やまとなでしこ』は日本であろうが香港であろうが男性が作り出した架空の女性ですよね。そんな女性を理想にされても女性としては困りますよね」
 「そうですよ。結婚となれば『やまとなでしこ』が理想と言われたら、それこそ、無理です。彼の発言のポイントは『やっぱり』なんです」

 「やっぱり、ですか?」
 「彼に言わせると、わたしは自分のしたいことを自分で言うことができないそうなんです。だから、彼がわたしの代わりに『こうしよう』と提案すると、わたしはいつもすごく嬉しそうな顔をする、だから、彼はつい、そうしてしまうと言うんです」

 「なんか、ややこしいですね」
 「彼にもややこしいと言われます。例えばですね、彼と道を歩いている時、素敵なレストランが目にとまったとします。そんな時、あのレストラン、おいしそうだね、とわたしが言います。彼に言わせるとそういう時のわたしの発言は、あのレストランに行きたい、ということらしいんです。実際、それなら行ってみよう、と彼が言うと、わたしは嬉しそうにするらしいんです。行きたいという意味で言ったつもりはないんですけどね…」

 「あのレストラン、おいしそうだね、と言った時点では、普通は行くことまで考えてないですよね。でも、行ってみたいから、そう言っているのかもしれませんね。相手の反応を事前に確かめているというか。相手の反応が良くなければ、そこでその話を終わりにすればいいわけですから。相手との関係が上手くいくように『空気を読んでいる』のかもしれませんね」
 「だから、やっぱり、やまとなでしこなんです。香港人女性は普通、あそこに行きたいから連れて行って、と言うそうです。男性の気持ちよりも自分の気持ちが大事なんだそうです」

 彼女は結婚する前、彼に会うためにひとりで香港に何度も通っていたそうである。日本の社会ではひとりで海外旅行に行くことに慣れたタイプの女性をやまとなでしこと思う人は少ない。女性が男性以上に何でもできるようになると、男性の手など要らない女性とみなされる。ひと昔前なら、結婚に向かない女性とされていたかもしれない。

コメント5

「なでしこ姫はアジアをめざす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO